ライフスタイル 副業で賃金未払い問題が発生、解決策は?中島杏奈さん(仮名・32歳・メーカー勤務)

A内容証明郵便での督促をしてみるのはいかがでしょうか

弁護士・柳原桑子先生が堅実女子のお悩みに答える本連載。今回の相談者は、中島杏奈さん(仮名・32歳・メーカー勤務)。

「母親が病気になり、介護時短を取得したら、手取りの月給が12万円になってしまいました。そこで、副業を始めることにしたのです。ウチの会社は社員の副業は厳禁で、SNSについても総務がパトロールしているくらいの前時代的な会社なんです。だから、絶対にバレるわけにはいかないのです。

私が副業で行なったのは、比較的割合がいいと感じた、美容口コミをひたすら書くという仕事です。ネットから応募して、スタートすることにしました。すぐに描いてくださいと言うので、何本か書いたのですが、支払日になってもお金が支払われず……。

スタート月は本数も少なく、あまりにも少額なので、翌月にまとめて振り込まれるのかなと思っていて、さらに作業を進めていたのですが、今月も支払日にお金が私の口座に入っていませんでした。これは支払う気がないのだと感じて、相手の会社に連絡したところ、電話は出るのですが、担当者が退社したと言われてしまいました。何度電話しても同じ回答になり、メールは完全に無視をされています。全部の金額は3万円程度なのですが、これはどのように回収したらいいのでしょうか。

金額的にも少ないので、弁護士を立てるのもどうかと思っていますが、このままでは気持ちのおさまりがつきません」

弁護士・柳原桑子先生の解決案は次のページへ

1 2