ライフスタイル 私が立て替えた食事代を取り戻したい!本田由美子さん(仮名・35歳・IT関連会社勤務)

A毅然と「立替金を返せ」と請求することが大切です。

堅実女子のお悩みに、弁護士・柳原桑子先生が答える本連載。今回の相談者は本田由美子さん(仮名・35歳・IT関連会社勤務)。

「昔から、小さな借金をされやすく、借用書がないまま、お金を踏み倒されています。

豪快なアネゴキャラを気取るがゆえに、“私がまとめて払っておく”という立ち位置にいつの間にかいることが多くて……。

例えば、高校の部活の後のドリンク代、大学時代はカラオケの割り勘分など、立て替えてあげたうちの一割程度が回収できないままなのです。社会人になってからは、同僚とのランチ代、飲み会のお金など、私が立て替えても、端数を払ってもらえなかったり、踏み倒されることも少なくありません。

彼との食事代も、私が払っても半額が戻ってこないほうが多いです。

今回、相談したのは先日、20人以上じゃないと予約できないコース料理のお店での食事会を企画しました。予約した人が全員来るというのが前提で、当日キャンセルは実費負担となるお店です。それなのにドタキャンした人が2人いたんです。1人6500円なので、幹事の私は1万3000円を立て替えて支払いました。

後日、来なかった女性1人は払ってくれたのですが、もう1人は“ドタキャンなんだから、払って”と言っても、“今度払うよ”と言われて、かわされてしまいました。ちなみに、この未払い女性は私が払ったランチ代を踏み倒す同僚です。彼女に払わせるのはどうすればいいのですか?強く言う時に、法的根拠があれば教えてほしいのです」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2