ライフスタイル 業務との関連がはっきりしづらい、うつなどの不調で労災は申請できるのでしょうか?草岡英恵さん(仮名・34歳・外資系メーカー勤務)

A労災の申請をできる可能性はありますが、関連を証拠付けるメモや録音が必要になることも。

堅実女子のお悩みに、弁護士・柳原桑子先生が答えます。今回の相談者は草岡英恵さん(仮名・34歳・外資系メーカー勤務)。

「ウチの会社は、1年前に外資系のファンドに買収されました。すると、社内の雰囲気が激変。それまでは日本企業的なのんびりした雰囲気で、スケジュールなどもうるさく言われることなく仕事をしていたのですが、今では成果第一主義に。共通スケジューラーで行動を管理され、有休をとるにも数日前から届け出が必要になったりと、会社からすべてを監視されている感じが強くなりました。

私は事務職なのですが、営業の人に話を聞いても、営業マンの行動は徹底的に管理され、以前は現場の裁量の範囲内だった値引きも部長クラスの許可が必要になるなど、お客様との関係性も悪くなり、会社の業績もダウン。

そのため事務から多くの人が営業に異動になり、仕事が増えました。辞める人も多くなり、ファンド側から監督する役員がしょっちゅう来て、私達の業務の改善をしてきます。仕事ができる若手の子をかわいがり、私を邪魔者扱いし、パワハラめいたイヤミを言われることも多々あります。新たに仕事を覚えることが多く、過労とストレスでメンタルをやられました。

うつっぽくなったり、むずむず脚症候群になったり、不眠症になったり。これって労災申請できるのでしょうか。そのために必要なことはありますか 転職したくとも、私の年齢では難しく……」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2