ライフスタイル 結婚予定もない恋人が、モノを自宅に放置。家賃を払っているのは私なのに……河合茉莉さん(仮名・35歳・公務員)

A同棲中はもちろん、別れた後は一定期間、相手のモノは勝手に捨ててはいけません。

堅実女子のお悩みに、弁護士・柳原桑子先生が答える連載です。本日の相談者は河合茉莉さん(仮名・35歳・公務員)

「3年ほど遠距離恋愛しつつ、週末は私の家で過ごしている彼がいます。彼はどうも結婚の意思がないのに、私の家にダラダラ来ている。ほとんど家にいないのに、ウチにマンガ、楽器、服、CDなどを置きっぱなしにしているんです。

服や靴などはわかるとして、なぜ結婚する相手でもないのに、そんながらくたをウチに置いておかねばならないのか。

そもそも、割高な東京の家賃を払っているのは私で彼からは1円ももらっていません。彼がいる間の光熱費は私持ちで、私は地方にあまり興味を持てないので、彼がいる街には行ったことさえありません。

そこで私は、1年以上彼が手を触れていないモノをすべて処分しました。私が病的にきれい好きなのは彼も知っているし、そもそも不要だからウチに置いているのだと思ったのです。

しかし、先週末ウチに来て、モノがないことに気が付いた彼は大激怒。“なんで勝手なことをしたんだ。同じものを買うなど、何らかの弁償をしてほしい”などと言ってきたのです。

でも、それっておかしいですよね。ずっとほったらかしておいたのに、モノを捨てられたから文句を言うって子供みたい。それでも法的には私が悪いのでしょうか。弁償の義務はあるのでしょうか?」

弁護士・柳原桑子先生のアンサーは……!?

1 2