ライフスタイル 企画営業の部署になったのですが、サービス残業が月に30時間超えています。残業代を請求するにはどうしたらいいのでしょうか。まゆみさん(33歳 広告代理店勤務)

また土日も仕事となり、かなり体調を崩しています。この治療費も会社に請求したいです。

A残業の時効は2年、労働組合があるなら相談してみて


サービス残業について、多くの人が“もやもや”した気持ちを持っているようなので、“法律的”なサービス残業の解釈について、おさらいしておきましょう。

 

まず、多くの人がその会社に就職するとき、会社側と「労働条件通知書」や「雇用契約書」などを双方で確認していると思います。あとは「就業規則」もぜひ確認を。

そこ記載されているであろう項目について下記にまとめます。

●労働契約の期間

●就業場所

●従事する業務内容

●勤務時間(休憩時間、休日、休暇、勤務時間帯など)

●賃金(支払方法、締切日、賞与など)

●退職と解雇について(手続き等)

 

上記は一例ですが、だいたい多くの会社の場合、これらを相互に確認したうえで、就労するというのが流れです。

 さて、まゆみさんの場合はいかがでしょうか。そこに残業についてどのように書かれていたでしょうか。

 

さて、質問にある通り、サービス残業が月に30時間超えていたとしましょう。残業代を請求するにあたって必要なのは、残業していたことの証拠となるタイムカードや業務日誌。その他、“第三者が見て、明らかに残業していると判断できる証拠”の写しを取るなどして立証できるようにしてください。

これらの“証拠”が手に入れられないと請求は困難です。

 

もし、証拠が揃ったとしても、その会社に在籍しながら、自分一人で残業代を請求するのは、現実的にやりづらいと思います。

ですから、組合があれば、組合に相談するとか、なければ、他に同じような待遇の人(同僚、別部署の人など)に話を持ちかけ、複数で請求する道,労働基準監督署に相談する等の方法も考えたほうがベター。

自分で動くのは無理だと判断したら、弁護士に相談を。残業代は2年で時効消滅してしまうので、過去2年分が請求できることになります。

 

1 2