ライフスタイル 【時短レシピ】パプリカ+おからパウダーで作る、ギルトフリーないなりずし

作り方

1・パプリカは種とワタを取り除き、耐熱皿に乗せて電子レンジで1分加熱する。粗熱がとれたら寿司酢とともに保存袋に入れ、袋の口を閉じて軽くもむ(できれば冷蔵庫で半日、または一晩置く)。

市販の味付けいなり揚げ(左)を利用して時短に。カラフルで食をそそるパプリカ(右)。

保存袋で寿司酢をパプリカ全体にまぶす。

2・<フィリング>の材料を小さな器に入れ、水(分量外。大さじ1~2)を加えてスプーンで混ぜ、おから状にする。

おからの水気は種類によって異なるので、好みで調整を。

3・1に味付けいなり揚げを広げるように乗せ、2を詰める。

いなり揚げの端を切り、パプリカにフィットさせる。

賢人のまとめ

ビタミンカラーで食をそそるパプリカ。ビタミンCの含有量も豊富なので、夏にはたっぷり食べたいけれど、サラダや焼き野菜に使うだけでは持て余しがち。そんな時、カップがわりに使ったこのレシピなら丸ごと1/2個食べられちゃいます。おからを戻す際に、いなり揚げの汁を利用するので、いなり揚げとパプリカの味の相性も違和感がありません。

1 2