ライフスタイル 春らしさを満喫できる、手軽でかわいらしいご飯、作れますか?

作り方
1・ボールにご飯を入れ、<A)>を加えて、さっくりと混ぜる。桜花漬は、水で塩を落としてから数分水につけて塩抜きをして、細かく刻む。

0305_0883

↓ 

0305_0886水気をよく切って、細かく刻む。 

2・菜の花は1㎝長さに切り、帆立缶の汁(大さじ2)と醤油(大さじ1)を合わせたものに2~3分漬け、水気を絞る。

0305_0894だし洗い(醤油洗い)の応用で、水っぽさを取り除きます。 

0305_0896混ぜ込む具材。春らしく彩り豊かに。

3・1のご飯に、混ぜ込む具材を全て入れ、全体をさっくり混ぜ合わせる。器に盛り付け、食べる前に煎り白ごまを好みの量かける。

Point.

ホタテ缶の代わりに小鯛の笹漬けをスライスして使っても。

賢人のまとめ

おこわや桜餅の上にちょこんと添えると春らしさを感じ、汁物の吸い口などにも利用される桜花漬。そのままのサイズだと食べた時に香りが強すぎたり、塩辛く感じたりすることも。今回のように刻んでご飯に混ぜ込むと、香りも塩気もちょうどよく、口の中で春を感じられます。浅漬けやパスタに加えるなど幅広く使える食材でもあります。

1 2

賢人プロフィール

時短レシピの賢人はまだふくこ

 

料理ユニット「エフ アッシュbis」主催。美味しいもの探求家。

フリーランスのライターとして、飲食、ホテル、旅などのカテゴリで積極的に取材・執筆も行い、その経験も活かしながら、カフェ風アレンジ、時短レシピ、ホームパーティーメニューなど幅広いレシピ提案を行っている。