ライフスタイル 「揚げだし豆腐」に挑戦してみたいけれど、揚げたり、だしを作ったり、手間がかかって難しそうで、いつも諦めてしまいます。

A焼き豆腐を薄く切って、揚げ時間を短縮。カレー風味で、おつまみにも、おかずにもなる一品に仕上げました。

揚げ出しメイン諦めないで! 崩れにくく扱いやすい、焼き豆腐を薄切りにして使います。揚げ物はちょっと面倒…、という悩みも、少な目の油で揚げ焼きにすることで、解消。だしは、カレー+めんつゆに、ネギを加えて、カレーうどんのイメージで!

揚げだし豆腐~カレー風味~

材料(1人分)
・焼き豆腐 1/4丁(60g)※厚さ1㎝×2枚に切る。
・片栗粉 大さじ1
・サラダ油

<だし>
・ネギ 5㎝ ※幅5㎜の斜め切り。
・カレーフレーク 大さじ1
・めんつゆ(ストレートタイプ) 小さじ1

作り方
1.焼き豆腐をキッチンペーパーに包み、水気を切る。

揚げ出し01

2.焼き豆腐に片栗粉をまぶし、フライパンでサラダ油を熱し、揚げ焼きにする。

揚げ出し02
両面をカラリと揚げ焼きにする。

3.鍋に水150ccとネギを入れて中火にかける。軽く煮たら火を止め、カレーフレークを加え、再度、弱火にかける。カレーフレークが溶けたら、めんつゆを加えて火を止める。

揚げ出し03
溶けやすいカレーフレークを使用。

4.2の豆腐を器に盛り付け、3のたれをかける。

揚げ出し04

揚げ出し05

Point.
焼き豆腐を揚げ焼きにする目安は、表面が薄く色づく程度に。カレーフレークがない場合は、固形のカレールーを包丁で削って使用します。カレーを使うことで、片栗粉を使わなくてもとろみのある仕上がりに。寒い夜におすすめです。

フレーバー醤油を使って、割烹風に。

揚げ出し06

<作り方>作り方1~2は、上記と同様に。たれは、鍋にめんつゆ(ストレートタイプ30cc+水90cc)を入れ、水溶き片栗粉(片栗粉小さじ1+水大さじ1)を加えて中火にかけ、とろみをつけたものに変える。盛り付けの最後に、大根おろし(水気を軽く切ったもの)を添え、大根おろしの上に、カレー風味の醤油をかけて仕上げる。

カレー醤油

今回は、ホテル「ハイアット リージェンシー 東京」内にある、日本料理「佳香(かこう)」の料理長監修の「かおり醤油(カレー)」を使いました。国産丸大豆醤油に上質な鰹節、昆布、椎茸を加えた万能調味料です。上品な風味で、そのまま蒸し野菜のディップソースにしても美味しい!

ハイアット リージェンシー 東京:tokyo.regency.hyatt.jp

賢人のまとめ

たまごかけごはん用醤油の登場以来、醤油のバリエーションも豊かになりました。次なる注目は、フレーバー醤油と言われています。今回使用したカレー風味のほか、ラズベリーやチェリーなどフルーツ系も登場し、密かなブームの兆しアリ。ドレッシングに加えたり、そのまま魚や肉のソテーにかけたり、さらには、アイスクリームにちょい足ししたり……etc、思いのほか活躍してくれる調味料なのです。