ライフスタイル まだまだ寒いし、これからも鍋の出番が多そうです。今、流行りの鍋を家でも作ってみたいです。

Aふんわりとしたメレンゲをふんわりと乗せたお鍋はいかが? ハンドホイッパーで卵白を泡立てると、電動よりもきめ細かなメレンゲが作れます。

nabeメイン01

この冬、女子にうけている白い淡雪のように泡立てた卵白を乗せた、メレンゲ鍋にトライ。週末、東京に積もった雪を眺めていたら、メレンゲ鍋を食べたくなりました。今回は、味噌に豆板醤を加えた、コクのあるピリ辛スープをベースにしましたが、キムチ鍋やトマト鍋で作ると、鍋の赤とメレンゲの白のコントラストがはっきりして、より美しい仕上がりに!

【海鮮ピリ辛みそ鍋~メレンゲ鍋】

材料(小鍋1台・1~2人分)

<海鮮坦々鍋>
・ムール貝4個、あさり6個(好みの貝類でOK)※砂出しなど下処理をして、よく洗う。
・とうふ 1/2丁 ※食べやすい大きさに切る。
・スライスベーコン 2枚 ※1/4長さに切る。
・ネギ 1/2本 ※斜め1㎝幅に切る。
・油揚げ 1/2枚 ※熱湯で油抜きをしてひと口大に切る。
・しめじ(好みのきのこ類) 適量
・だし汁 250cc
・調理酒 大さじ1
・みそ 大さじ1
・豆板醤 小さじ1 ※好みで増減を。

<メレンゲ>
・卵白(Mサイズのもの)2個分
・砂糖 小さじ1
・塩 ひとつまみ

作り方
<まず鍋を作る>
1.海鮮坦々鍋を作る。小鍋にだし汁と調理酒、貝類を入れてふたをして中火にかける。貝類の口が開いたら、いったん火を止め、残りの食材と調味料を加えて中火にかけ、食材に火が通るまで加熱する。

nabe001
<ここで一度、鍋を食べる>

2.乾いたボールに卵白を入れ、塩と砂糖を加えて、ホイッパーでツンと角が立つまで泡立てる。再度加熱した鍋に、静かにメレンゲを加え、ふたをして2分ほど蒸らす。

nabe002
メレンゲはスプーンですくうと、鍋に入れやすい。

nabe03

<〆はパスタで…>

nabe04
スープが絡みやすい、ペンネがオススメ。

鍋のつゆが減っていたらだし汁を足し、ケチャップ大さじ1、ペンネ50gを加えて煮る。ペンネがゆで上がったら、器に盛り、メレンゲに使った残りの卵黄をかけて食べる。

Point.
〆のペンネには、メレンゲを作って残った卵黄を好みの量、添えていただきます。メレンゲを少し残しておいて、〆のペンネがゆで上がる直前に鍋に加えれば、むっちりとしたペンネとメレンゲの食感、濃厚な卵黄があいまって、美味。

賢人のまとめ

辛みのある鍋や濃厚な味の鍋にシュワシュワのメレンゲをプラスすると、味がまろやかに。パスタは塩を使わないで作る麺なのでので、スープにそのまま加えて煮込んでも塩気が強くなりにくいので気に入っています(濃度はやや高くなります)。