ライフスタイル 【時短レシピ】秋バテの救世主「パプリカ」で、あっという間の3レシピ!

A肌と身体の救世主「パプリカ」の簡単美レシピ

パプリカ1個でレモン1個分以上のビタミンCを含むだけでなく、赤い色素は赤トウガラシにも含まれるカプサンチンという成分でカロテン以上の抗酸化作用が期待できるとか。旨味があって火が通りやすいという利点を生かして、簡単ステップでまずはスープに。それから様々にアレンジを! 【recipe3】のパプリカヨーグルトはフムス感覚でそのまま食べてもグリーンサラダのドレッシングにしても美味!

0908IMG_4687

肌と身体の救世主「パプリカ」の簡単美レシピ。

ベースのパプリカスープ

<材料>
パプリカ 1個(今回は赤とオレンジを各1/2個) ※種を取って粗く刻む。
玉ネギ 中1/2個 ※粗く刻む。
ガーリックパウダー 少々(なければ入れなくてもいい)
オリーブオイル 小さじ1
鶏がらスープの素(顆粒のチキンコンソメや昆布だしでもOK) 小さじ1/2

1 2 3 4