ライフスタイル サウナー要チェック!?御殿場に富士山ビューのホテル&日帰り温泉施設ができましたよ!

「御殿場プレミアム・アウトレット」のエリア内に、富士山ビューが魅力のホテル「HOTEL CLAD(ホテル クラッド)」と日帰り温泉施設「木の花の湯(このはなのゆ)」が12月15日にオープンしました。ホテルでは客室から、温泉施設では、温泉からはもちろん、レストラン、休憩施設などあらゆるフロアから富士山が一望できます。今回はホテルと温泉施設の魅力を、富士山ビューの写真とともにたっぷりとご紹介します。

部屋の窓から望める富士山はまるで絵画のような美しさ

まずは「HOTEL CLAD」のご紹介から。ホテルは「御殿場プレミアム・アウトレット」のエリア内の高台に位置しており、8階建てのホテルの中に客室は182室。富士山ビューを最大に生かせるようにという設計コンセプトの元、ほとんどのフロアからは富士山の全容を一望することができます。ホテルのテーマは日本の伝統を感じる”和モダン”。富士山の景観に馴染む、落ち着いた雰囲気にまとめられています。

ロビーには富士山が一望できるよう、大きな窓が設置されています。

客室には富士山を望める富士山側と、森の緑が窓一面に映る森林側に分かれており、半数以上のお部屋から富士山ビューが楽しめるようになっているのだとか。最も多い全87室を要するスタンダードタイプの「富士ビューツインルーム」からは、この景色が楽しめるのです!

まるで絵のように大きな富士山が窓一面に映し出されています。

「富士ビューツインルーム」の他に、富士山が望める客室には「富士ビューダブルルーム」「富士ビューデラックスツインルーム」「ブルックリンルーム with journal standard Furniture」があります。

「ブルックリンルーム with journal standard Furniture」は3室のみの特別なコンセプトルームの1つで、富士山側はこの一室のみとのこと。

2つの大きな窓が設置された「富士ビューデラックスツインルーム」。

こちらには大きな窓があるユニットバスがセットになっており、浴室から富士山を眺めることも。

「ブルックリンルーム with journal standard Furniture」。部屋の間切りの扉はガラス戸を使用。「ブルックリン地区の古いロフトをリノベーション」したような内装が特徴です。

ゆったりと大きなソファも完備。

もちろん窓からは富士山が一望できます。

3室のコンセプトルームは全てBAYCREW’S GROUPが展開するjournal standard FurnitureやACME Furnitureとコラボレーションしたもの。コンセプトルームというだけあってお値段がお高めかと思いきや、他のお部屋と比べてお値段に大きなアップはなし。3室限定なので、気になった方はお早めに問い合わせを。

1 2 3

Ranking

Information