ライフスタイル サウナでととのい、アートに没入。新感覚の展覧会「TikTok チームラボリコネクト」を体験!

アート集団「チームラボ」による「サウナに入ってアートに没入する」という全く新しいかたちの展覧会「チームラボ&Tik Tok,チームラボリコネクト:アートとサウナ六本木」が六本木にて開催中です。(以下「Tik Tok チームラボリコネクト」)

今回のメインはサウナそのものではありません。サウナに入って“ととのう”ことで感覚が研ぎ澄まされ、アートにより深く没入・一体化する、そして世界と時間に再びつながる(リコネクト)、というのが本展覧会のコンセプトです。

水着や館内着を着用し、裸足で回る、まさに全身で体験する展覧会。

昨今のサウナブームで、サウナ、冷水浴、休憩をくりかえすことで“ととのう”という感覚は、一般的にも広まってきたように思われます。

この流れを医学的にみると、サウナや冷水浴で交感神経が優位に、つまり身体が緊張した興奮状態から、休憩を行うことで一気に副交感神経が優位なリラックスした状態に。すると、身体がリラックスしているのに脳が興奮している、という通常では起こりえない状態になるのだとか。いわばトランスともいえる状態になった身体は、味覚や嗅覚、聴覚などあらゆる感覚が覚醒するといいます。これが“ととのう”のメカニズムです。

温浴施設でサウナに入る場合、浴室内の椅子や、露天のある施設では「外気浴」で休憩を行うのが一般的ですが、「Tik Tok チームラボリコネクト」では、アート空間での「アート浴」で休憩を行います。7種のサウナと、冷水エリアの2作品、そしてアート浴エリアの3作品。その全貌をご紹介していきましょう!

サウナ、そして冷水浴による「超温冷交代浴」

入館したら、まずは水着や館内着、タオル、スマホ用の防水ケースなどを受け取り、更衣室へ。更衣室には温水シャワーやアメニティも完備されているため、しっかり身を清めてサウナとアートのエリアに向かいます。

ランプとデジタルテクノロジーによるアート「呼応するランプのアレイとスパイラル-ワンストローク,Metropolis Tokyo」

更衣室を出てすぐ、待ち合わせもできるエリアにはランプとデジタルテクノロジーによるアートが広がります。

ランプ群の最も低い位置にあるランプの下を通ると、それに反応してランプが強く輝き、そしてそのランプから一筆書きで線を引くように周囲のランプに輝きが伝播していく仕組みで、人の存在によって変化していく空間の動的な美しさを感じます。

サウナ室に入る前に、スマホをミニロッカーへ。

館内には、サウナ室横にスマホ用のミニロッカーが用意されています。

「METOS」社監修の7種のサウナ室は、サウナ好きも満足すること間違いなし。

サウナ室は、大手サウナメーカー「METOS」監修とあって、さすがこだわりを感じる上質な造り。サウナ好きはもちろん、サウナに慣れていない方でもととのうこと請け合い!

女性専用サウナ室があるのも嬉しいポイント。

女性専用の2種を含む7種のサウナ室は、温度や湿度など、自分の好みやコンディションにあわせて選ぶことができ、部屋の混み具合もパネルで可視化されているので安心です。

温度は80℃から100℃(※)、さらにアロマや音楽の種類から有無、サウナストーンに水をかけ蒸気を発生させるロウリュの量なども部屋ごとに異なり、じんわりと温まる優しいサウナから、どっしりとした湿度・温度でしっかりアツいサウナ、湿度の少ないカラリとしたサウナまで様々。

どのサウナ室にも絶妙に調整された心地よさがあり、自分の身体にあったサウナを見つけるのもまた楽しみのひとつです。

なかでもぜひ体験していただきたいのは「ほうじ茶」ロウリュ。お茶の名産地である九州・嬉野の「EN TEA」によってサウナ用に配合・焙煎されたほうじ茶が使われているそう。

スタッフによるロウリュ。

冷水エリアでは、禅の書画のひとつ、円形を一筆書きで描く「円相」をモチーフとした作品が待っています。

立体的な光の彫刻「円相に迷い込んで」
空間に浮かぶ円形の虹が幻想的です。「円相を通り抜けて」

水の作品空間を抜けて、シャワーブースに。16℃とキンキンに冷たい冷水シャワーは、頭上と肩口の二か所に設置されています。最初は冷たさにおどろきますが、浴びているうちにだんだん冷たさにも慣れ、気持ち良くなってくるはず……!1分から2分を目安に、ここでしっかり冷やすのがポイントです。

※サウナの温度は今度変更される可能性もあります。

1 2