ライフスタイル 真夏に気をつけたい、スマホが高温になってしまうトラブルの対処法

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

お悩み:暑い日にiPhoneを使っていたら、高温注意の表示が出てビックリしました。本体に問題がないか心配です。この表示が出た場合の対処法を教えてください。

これからの季節に気を付けたいのが、気温が高い日のスマホの取り扱いについて。クーラーがある涼しい場所や日陰では問題ありませんが、ビーチやイベントなどの炎天下や、ドライブ中の車内など、暑い場所では気をつけなければいけません。今回は、夏の暑い日に気をつけたいポイントや対処法を解説します。

スマホ本体がアツアツになったら要注意!

ドライブの途中で、少しの間スマホを車内に置きっぱなしにしたら、スマホ本体がアツアツになってしまった! そんな経験はありませんか? iPhoneの場合、使用推奨温度は0℃〜35℃とされています。しかし、真夏の屋外はそれ以上に気温が上昇してしまうことも。さらに注意が必要なのが、真夏の車内。エアコンをつけずに停車した車内の温度は40〜50℃、ダッシュボードはなんと70℃を超えてしまうこともあるそうです。

このような高温の場所にスマホを置いておくと、本体がかなりの熱を帯びてしまう可能性があります。短時間だからと、真夏の車内にスマホを置きっぱなしにするのは危険!特に、日の当たる場所やダッシュボードに置きっ放しにするのは絶対にやめましょう。

スマホが熱くなる原因は他にも。このような状況や行動をしているときは、注意が必要です。

■暑い屋外の日なたや、クルマのダッシュボードなどに置きっぱなしにしていた

■充電しながらスマホを使っていた

■長時間、高画質の動画を視聴したり、ゲームをしていた

■地図アプリなど、GPS機能を使用したアプリを長時間立ち上げたままにしていた(もしくは、バックグラウンドで起動したままになっていた)

■アプリをたくさん起動したままになっていた

■カメラが長時間起動したままになっていた

■放熱ができないケースを使っていた

このような場合、本体が熱くなる以外にも、さまざまな症状が出ることも考えられます。

○充電が遅くなったり、停止してしまう

○ディスプレイが暗くなったり、何も表示されなくなる

○カメラのフラッシュが一時的に使えなくなる

○勝手に低電力モードになり、電波が弱くなる

○グラフィックを多用するアプリや、拡張現実対応のアプリなどのパフォーマンスが低下する

○ナビゲーションの最中に警告が出て、ディスプレイがオフになり、音声のみになる

上記のような症状が出て、スマホの故障かな?と思ったら、本体が熱くなっていないか確かめてみましょう。もしかしたら、本体に負荷がかかるような使い方によって、スマホが熱を帯びてしまったかもしれません。その場合は、立ち上がっているアプリを全て終了させて、一度電源をオフにして再起動してみましょう。

アウトドアなど夏の屋外で使う場合は、なるべく日陰に置くようにしましょう

1 2