ライフスタイル iPhoneがリンゴループに陥った時、まず試したい3つの対処法

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

Appleマークの表示からiPhoneが動かなくなってしまう状態を「リンゴループ」などと呼びます。

iPhoneを立ち上げる時などに、画面に表示されるAppleマーク。このマークが消えずに、ホーム画面が全く表示されなくなることを「リンゴループ」などと呼びます。この症状が出てしまうと、どのボタンを押しても反応がなく、焦ってしまいますよね。筆者も先日この症状が出てしまい、数日間iPhoneが使えない状況になってしまいました。そこで、筆者も実践した対処法をご紹介します。

その1・iPhoneを強制再起動してみる!

リンゴループに陥ってしまうと、どこを押してもうんともすんとも言いません。Appleマークが出ているこの状態では、ホームボタンも感圧式のため、通常の押し込む感覚もなくなってしまいます。何をしても動かなくなってしまい、はじめての場合はとにかく焦ってしまいますよね。

そこで、まず試したいのが強制再起動です。強制再起動の方法はiPhoneの機種によって異なりますので、自分の機種の強制再起動の方法を試してみましょう。

<iPhone 8以降の機種>
音量を上げるボタンを押してすぐ離し、音量を下げるボタンを押してすぐ離します。次に、サイドボタンをAppleマークが再度表示されるまで押し続けます。

<iPhone 7・iPhone 7 Plus>
サイドボタンと音量を下げるボタンを同時に長押しし、Appleマークが表示されるまでそのまま押し続けます。

軽度な不具合であれば、強制再起動をして症状が直る場合もあります。まずは、こちらを試してみましょう。

その2・SIMカードを抜いた状態で起動してみる

iPhoneに付属されているSIMピンを使って、SIMカードを抜いてみましょう。

強制再起動でもリンゴループから回復しない場合は、SIMカードを抜いてみましょう。もし、SIMカードが破損していたり、通信環境によってエラーが起こっている場合は、これで回復する可能性もあります。

SIMカードを抜くには、iPhoneに付属してあるSIMピンを使います。本体右側面にあるSIMの挿入口には小さな穴があるので、そこにSIMピンを刺すと、SIMトレーを引き出すことができます。

トレーにセットされたSIMカードを慎重に指で外して、トレーを元に戻し、この状態でiPhoneを起動してみましょう。iPhoneが起動するようなら、SIMカードの破損や故障が考えられるので、SIMカード自体を交換する必要があります。

これでリンゴループが改善されない場合は、SIMカードを軽くティッシュや柔らかい布などで拭いて元に戻しましょう。「SIMなし」などのエラーが出るときにも、同じようにSIMカードを少しお手入れしてみると、直る場合があります。

1 2