ライフスタイル 新型コロナウイルスの影響で、女子旅にも大打撃!これから夏にかけての海外旅行はどうする!?

春は絶好の旅行シーズン……ですが、今年は新型コロナウイルスの影響でそうはいかない状況に。旅好き女子たちの中では、旅行に行くべきかやめるべきか悩んだり、直前でのキャンセルで翻弄したり、これから夏に向けての旅行で迷っている人も多いことでしょう。そこで、旅好きがたくさんいる編集部内で、みんなの旅事情がどうなっているのか、キャンセルしたのか、またどんな方法で情報を集めたのか聞いてみました。

海外旅行に行く前には、外務省のホームページで渡航先の入国制限などを確認。

<Tさんの場合>

1月末〜2月あたまにかけて、家族旅行でシンガポールに行きました。その1週間前ぐらいから、武漢が封鎖されたとか、死者が何人出たなど、テレビでは連日報道され……。毎日、Twitterで「シンガポール コロナ」と検索していました。

よくチェックしていたのが、Twitterアカウントの「シンガポールお役立ちウェブ」。

私が参考にしたのは、その国のコロナ対策情報。シンガポールは、国土が狭く統制のとれた政治体制であることから、かなり早めに対策が取られていたようです。中国からの渡航は禁止、中国から来た人と中国から戻ってきた人は14日間待機、破った人は罰金などなど。すでに私たちが行くときには対策が取られていて、空港でも全員サーモグラフィーで熱を計られました。

外務省の海外安全ホームページを確認して、当時は大丈夫だったのも決め手の一つ。

これらの情報を毎日チェックして、最終的に出発することに決め、さらに出発日には高額の治療費が出る保険も追加で入りました。おかげで、シンガポールのコロナ対策についてはすごく詳しくなったと思います。実はいまでも毎日、シンガポールの感染情報をTwitterでチェックするのが趣味みたいになっております。

ただし、旅行に行ってはみたものの、人混みを避けたり、手洗いをこまめにしたり……。コロナじゃなかったら、もっと楽しめたのに〜!!!という悔しい気持ちも。現地は確かに空いていましたが、やはり100%は楽しめなかったなと。そして、もう1週間ずれていたら、行かなかったかもしれません。シンガポールは、感染者が発症後にどこにいたのかを細かく報告してくれるのですが、後日チェックしてみたら、家族で訪れていた動物園に行った日に、感染者が訪れていることがわかりゾッとしました。

また来年、同じ時期にシンガポールリベンジしようと思っているので、今からガイドブックを見て楽しんでおります。

<Oさんの場合>

2月12日~17日まで、カンボジアとベトナムに行く予定でしたが、出発前日直前に泣く泣くキャンセル……。ちょうど新型コロナウイルスが騒がれ出した頃で、でも日本ではそこまでは気にされていないような微妙な時期。

旅行は友達と2人で行く予定だったのですが、5日前の段階では2人とも50%-50%という感じでなんとも言えず、一応行く方向で考えていました。私はその頃、コロナはそこまで気にしていなくて、どちらかというとカンボジアの暑さやデング熱の方が気になっていました。また、カンボジアは日本と違って医療事情にも不安があったので、向こうで発症してしまった場合を想定して、いつもより保障がしっかりした海外旅行保険に入りました。また、ちょっと前に同じアジア圏に旅行に行った人の話を聞いたりも。

しかし、旅行2日前になって、友達から「旅行、不安になってきちゃった……」との連絡。

休み明けに友達が出社したところ、社内の雰囲気が一気に変わっていたようです。「カンボジア行ってもマスクをずっとしていよう」「人混みはあまり行かないようにしよう」などと不安そうなのに、私に気を遣って決めきれない様子。家族との旅行なら、100%正直な気持ちを言い合えるけど、友達同士だとどうしても遠慮してしまいますよね。

最終的にはやはり不安が払拭できなかったとのことで、前日キャンセルをすることにしました。会社勤めだと、社内での周りの目が気になるでしょうし、不安になる気持ちも分かるので、私としても納得。キャンセル料については、友達が申し訳ないとのことで、多めに払ってくれることになりました。

1 2 3