ライフスタイル 人に見られるとちょっと困る!? iPhoneの予測変換や検索履歴、Safariのトップヒットを削除する方法

iPhoneで文字を入力したり、Safariでネット検索をすると、以前検索したものが表示されますよね。これは検索履歴だったり、変換予測という機能によるものですが、便利な反面、人に見られるとちょっと恥ずかしいという人もいるはず。そこで、これらを削除する方法をご紹介しましょう。

知っていると案外役立ちます!

キーボードの予測変換を削除したい時

文字を打つときに、最初の一文字目を打つだけで、自分がよく打っているワードが予測変換の候補としてキーボードの上に表示されます。これって、文字を打つときにはそれなりに便利ではありますが、「このワードが誰かに見られるのは恥ずかしい……」という場合もあるかもしれません。

キーボードの上に表示されるワードが、予測変換によるもの。

そんなときは、予測変換をリセットすることができます。「設定」アプリを開き、「一般」<「リセット」<「キーボードの変換学習をリセット」をタップ。

リセットでは、さまざまな設定を出荷当時の状態に戻すことができます。

いつも画面を開くときに使っているパスコードを入力します。

パスコードを入力したら、変換学習のリセットができます。これで、予測変換がまっさらになりました。人に見られては都合が悪いワードがあるな……と思った時に、試してみましょう。

Safariのトップヒット機能が煩わしい時

Safariに「トップヒット」という機能があることをご存知ですか?Safariの検索欄に1文字目を入力すると、その文字からはじまり、さらに自分がよく検索しているサイトが表示される機能です。設定によっては、一文字目を入力しただけで勝手にそのサイトが読み込まれてしまうこともあり、それが煩わしいという声も多いよう。そのサイトを頻繁に見るつもりがなければ、余計な機能と言えそうです。

「a」と入力しただけで、勝手にトップヒットのサイトが表示されてしまいます。

そこで、設定アプリからトップヒット機能をオフにすることができます。

Safariの検索に関するさまざまな設定は、ここで行ないます。

「設定」アプリから「Safari」を開き、「トップヒットを事前に読み込む」をオフにします。こうすると、「トップヒット」で勝手にサイトが表示されることはなくなります。

1 2