ライフスタイル おこもり生活をちょっと快適に!編集部おすすめのiPhoneアプリ5選

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

おこもり生活では、スマホ時間も長くなりがち。メリハリをつけましょう!

非常事態宣言が発令されてから、もうすぐ1か月。このおこもり生活は、もう少し続いてしまいそうです。慣れないリモートワークや外出できない悶々とした日々の中で、生活リズムも乱れがちになっている人もいるのでは?そこで、おこもり生活がちょっとでも快適で健康的に、そして楽しく過ごすためのアプリを編集部が厳選しました。

乱れがちなおこもり生活を、チャイムがキリッと整えてくれる!

学校のチャイム
iPhone版はコチラ
リモートワークが始まると、たちまち生活が不規則になってしまった……という人も少なくはないはず。健康的な生活を送るためにも、なるべく毎日のリズムを整えたいものです。そこでおすすめなのが、「学校のチャイム」。あの、懐かしい学校のチャイムがスマホから鳴り、始業時間や昼休み、終業時間を教えてくれますよ。

 

 

スケジュールは「小学校」や「高等学校」「大学」など自由に選べます。

「家族が同じ空間にいて、それぞれが自分のタイミングで仕事や勉強をしたり、休憩を取ったりすると、お互いにイライラすることが増えてしまって……。それがきっかけで、『学校のチャイム』を使い始めました。学校のスケジュールに合わせて休憩時間を10分で設定しているので、その間に体をほぐしたりと『今のうちに休もう!』と思うように。根をつめて作業するより、効率がいいかもしれません!」(編集部・I )

時間がある今だからこそ、学習アプリで勉強し直しを!

英単語アプリmikan-ゲーム感覚で英語の学習

iPhone版はコチラ Android版はコチラ
せっかく時間があるのだから、この期間に何か勉強をしたい!という人も多いようです。自粛生活が終わったら海外旅行を楽しむために、英語の勉強をしておくのもいいですね。学習系アプリはなかなか長続きさせるのが難しいですが、この「英単語アプリmikan」は、10問を1セットでできるので、隙間時間にサクッとできるのが魅力。決まった時間にリマインドしてくれるので、三日坊主さんでも長く続けられそうです。

 

難易度や、目標にしている民間の英語検定試験の種類も選べます。

「おうち生活の中で、空いた時間にこのアプリをやっています。まず10〜30問を覚えて、英単語の意味を4択から選ぶテストに挑戦するのですが、正解した時の音が大げさで楽しい!すごく褒めてもらえるので、けっこうテンションが上がりますよ。ほかにも学習アプリはあるのだろうけど、これは単純で、明るく、無料!ということでおすすめです」(編集部・N)

成果が数字に表れるから、毎日のモチベーションになる!

ヘルスケア

iOSのデフォルトアプリ「ヘルスケア」ですが、このおこもり生活で、再び使い始めたという人もいるのでは?運動は意識して行わないと、ついつい怠けてしまうもの。記録をして数字を目で見ることで、やる気アップにもつながります。ウォーキングやバイク、睡眠、生理管理などがこのアプリひとつでできるのも便利ですよね。

 

 

運動してどのぐらいカロリーを消費したのかが一目で分かるので、ダイエットにも効果的。

「とにかく運動不足なので、歩いた距離、家でエアロバイクをこいだ距離、消費カロリーなどを計測・記録して、運動不足解消に努めています。AppleWatchと連動させているので、より便利ですよ。なんとなくモヤッとしがちな日々のなかで、やり切った時の達成感や満足感アップにもつながります」(編集部・T)

1 2