ライフスタイル ZOOM、Googleハングアウト、LINE、たくのむ、Skype…リモート飲み会に一番オススメなのはどれ?

時間制限がなく、URL発行だけで招待も簡単!「Skype」

「Skype」はMicrosoftのサービスのひとつで、かなり前からあるサービスとしてよく知られていますよね。「Skype」の中の「会議」という機能を利用すれば、リモート飲み会をすることもできます。

「Skype」は、SkypeのアカウントまたはMicrosoftアカウントが必要になります。スマホで利用するなら、「Skype」のアプリをダウンロードするのがおすすめ。Skypeのユーザー同士であれば、世界のどこにいても、無料で音声通話やビデオ通話、チャットができますよ。

アプリを開いて、右上のメモマークをタップし、次の画面で「会議」をタップ。

 

ユーザーとしてスマホの画面上に表示されている人であれば、すぐにビデオ通話をはじめることができます。表示されていない人とビデオ通話をする場合は、URLをメールなどで共有することで、すぐに繋がることができます。

「Skype」は、しゃべった言葉が文字になる「字幕機能」があるのも特徴。聴覚障害者の人や、メモとして残しておきたいときなどにも使える便利な機能です。この機能を使って、飲み会中に「しりとり」で遊んでみることに!

字幕機能を使うと、話した言葉が文字になります。

実際に「しりとり」をしてみると、字幕が誤変換されることもあるのですが、これが意外と楽しい!! なかなか上手く変換できず、やきもきする相手の姿もちょっと笑えてしまいます。しりとりは、道具などを用意する必要もないので、飲み会ツールとしてもぴったりです。

 「画面は、『固定画面』と話している人に自動的にフォーカスされる『話者ビュー』の2つの切り替えが可能です。飲み会や女子会のような場合は、みんなの顔が同時に見える方が楽しめるので『固定画面』がおすすめですよ!」(編集部・O)

<スマホ利用の場合>
アプリをダウンロードするか、サポートされているweb ブラウザから「skype For Web」で利用することもできます。スマホ版はPC版に比べて、機能面にシンプルな作り。機能重視であれば、スマホ版よりもPC版の方がいろいろな機能が使えます。

☆☆☆

スマホを使って少人数で飲み会をするなら、LINEやSkypeが便利です。また、大人数でパソコンとスマホを使うならZOOM、Googleハングアウト、たくのむがおすすめです。サービスはそれぞれに、ビデオ通話をはじめる方法や人数制限、表示のスタイルが異なるので、自分たちに合ったサービスを見つけて楽しみましょう。

女子部JAPAN(・v・)のリモート女子会まとめ記事はこちら。https://www.iphonejoshibu.com/tag/remote

文/内田あり(女子部JAPAN(・v・))

1 2 3