ライフスタイル 登録は1分で完了!withコロナ時代は、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」を活用しよう

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

アプリは「App Store」か「Google Play ストア」
でダウンロードしましょう。

新型コロナウイルスの自粛生活が解除され、私たちは少しずつですが、日常を取り戻しています。そして、これからは「withコロナ」の時代。徐々に行動範囲も広がっていくなか、ぜひ活用したいのが、新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」です。6月19日から運用が始まり、iPhoneでもAndroidでもダウンロードできるようになりました。そこで、「COCOA」を活用してどんなことができるのかをご紹介しましょう。

「COCOA」は、14日間の接触情報を知らせてくれる!

「COCOA」は、スマホのBluetooth機能を利用し、自分が過去14日以内にコロナ感染者と濃厚接触をした可能性を知らせてくれるアプリ(無料)です。使い方は簡単で、アプリをダウンロードして利用規約などに同意し、Bluetoothをオンにするだけ。名前や電話番号、メールアドレスなど個人情報の入力は不要なので、安心して使うことができます。また、万が一自分が感染者となってしまったり、濃厚接触者として通知が届いた場合なども、お互いのプライバシーを守りながら利用することができます。

街中などでスマホを持っているときに、同じくアプリを使用している人と1メートル以内、15分以上の接触があった場合に、スマホに暗号化された情報が記録されていきます。この情報には、連絡先や位置情報などの個人情報は記録されず、また14日が経つと情報は自動的に無効になります。

また、14日以内に陽性者と接近していたことが判明した場合は、アプリに通知が届く仕組み。通知が届いたら、体調や症状などを画面で入力して、必要に応じて医療機関を受診するように案内されます。

アプリを利用していて、万が一ウイルスに感染してしまった場合は、その情報をアプリに入力をする必要があります。この情報を入力しないと、自分が接近してしまった濃厚接触者に通知がいきません。入力の強制的な義務はないものの、この辺りは良識と相手を思いやる気持ちが大切ですね。

1 2