ライフスタイル 意外と知られていない、AirDropの活用術&表示されない時の対処法

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

AirDropは、近くにいる友だちとコンテンツをシェアする時に使う機能です。

iPhoneに備わっているAirDropという機能、みなさんは上手く使えていますか?iPhone同士であれば、写真や動画を素早くシェアできることはよく知られていますが、実はほかにも、さまざまなシーンで使うことができます。また、この機能でシェアする場合、メールやLINEでのシェアにはないメリットがあります。今回は、意外と知られていないAirDropの活用術や、困った時の対処法をご紹介します。

通信料がかからず、写真や動画が高画質のままシェアできる!

AirDropとは、iPhoneにiOS 7から導入されている機能で、Apple製のデバイス同士で写真などさまざまなコンテンツをやり取りすることができます。通信はWi-FiもしくはBluetoothで行なわれ、さらにデバイス同士が9メートル以内の距離にあれば、利用することができます。

この機能を使って写真や動画などをシェアする最大のメリットは、データ通信を使わずに送ることができるところ。メールやLINEでも、もちろん写真や動画などを送ることはできますが、AirDropを活用すればデータ通信を利用しないので、通信料金がかからずにシェアできます。また、写真や動画の画質を落とさずに送受信ができたり、送受信の時間も短く完了できるなど、メリットも多いでしょう。友だちとその場で写真や動画のシェアをする場合は、iPhone同士であればAirDropを使うのが断然便利です。

また、LINEでは5分以上の動画は送信できませんが、AirDropであれば5分以上の動画もシェアすることができます。

AirDropをオンにして、共有ボタンから簡単操作!

AirDropを使うには、まずはWi-FiとBluetoothがオンになっていることが条件です。それを確認した上で、コントロールセンターを開いて「AirDrop」をオンにします。

コントロールセンターを開いて、左上の赤枠を長押しすると、右の画面になります。

設定方法は、「受信しない」「連絡先のみ(連絡先を交換している人のみ受信)」「すべての人(すべての人から受信)」と3種類から選べます。AirDropを悪用されるケースもあるので、あまり頻繁に使わないようであれば常時オフにして、使うときだけ設定を変えるのがおすすめです。

送りたい相手のデバイス名が表示されたらタップ。シェアが開始されます。

写真や動画を友だちと共有する場合は、写真から共有ボタンを選択して、「AirDrop」をタップ。シェアする相手もAirDropをオンにしていて9メートル以内にいれば、デバイスに相手のiPhone名が表示されます。ここをタップすれば、シェアがはじまります。さらに、相手が「許可」をすれば、シェアが完了です。

1 2