ライフスタイル 意外と知られていない、AirDropの活用術&表示されない時の対処法

アプリや音楽、Webサイト、連絡先、メモ、位置情報などもシェア!

AirDropは、写真や動画のシェアだけではありません。それ以外のコンテンツをシェアすることもできます。

たとえば、友だちにおすすめのアプリを教える時もとっても便利。App Storeを開いて、教えたいアプリを表示。共有ボタンから「AirDrop」を選んで、シェアしたい相手をタップします。アプリ名をLINEなどで送っても、アプリの名前が複雑だったりすると、なかなか目的のアプリにたどりつけないことも。その点、この機能を使えば、確実にアプリを教えることができ、相手にはダウンロード画面が表示されるのでスムーズです。

アプリの詳細ページにある共有ボタンからシェアします。

同じように、Apple Musicでおすすめの音楽をシェアしたり、連絡先やメモを送ったり、デフォルトの地図アプリから位置情報を送ったりと、共有ボタンからさまざまな情報をシェアすることができます。

上手く送信できない、相手が表示されない時の対処法とは?

Apple製品同士であれば、スマホとパソコン、タブレット間で利用できます。

AirDropを開いても相手のiPhone名が表示されなかったり、上手く送信できないこともあります。その場合は、いくつかの理由が考えられます。以下の対処法を試してみてください。

<1>双方のデバイスのAirDropが有効になっているかを確認

コントロールセンターか「設定」アプリで、AirDropがオンになっているか確認しましょう。また、設定が「連絡先のみ」になっていて、お互いが連絡先に登録されていない場合は、一時的に「すべての人」に切り替えてデータのシェアをしましょう。

<2>Wi-FiやBluetoothがオンになっているか確認

双方のデバイスが、Wi-FiとBluetoothがオンなっていることも必要です。また、この機能を使う際には、両方のデバイスが通信範囲内にいることも条件になります。

<3>双方のデバイスの距離が離れすぎていないかを確認

AirDropが通信できる距離は9メートル以内なので、それ以上離れすぎている場合は使うことができません。スマホ同士をわざわざ近づける必要はありませんが、この機能を使う時は9メートル以内と覚えておきましょう。

☆☆☆

AirDropは、目の前にいる友だちと写真や動画、アプリ、連絡先、音楽などをシェアする時に便利な機能。写真や動画だけでなく、さまざまなデータをやり取りできることも、ぜひ覚えておきましょう。

ただし、「AirDrop痴漢」など悪用されるケースも稀にあります(こちらの記事をチェック)。普段はAirDropの設定を「受信しない」か「連絡先のみ」にしておいて、必要な時だけ「すべての人」に切り替えるのがおすすめです。正しく使えば、とっても便利な機能。ぜひ、上手に活用してみてくださいね。

文/内田あり(女子部JAPAN(・v・))

1 2