ライフスタイル 知らないと損をする!iPhoneのデフォルトアプリ「メモ」が意外と使える件

フリーランス必見の、書類スキャン機能を活用

意外と知られていないのが、メモアプリの書類スキャン機能です。例えば、フリーランスで仕事をしていると、請求書や書類のスキャンをメールで送る機会がたびたびあります。このとき、自宅にスキャンができる複合機がない場合、このメモアプリの書類スキャン機能が大活躍。実際に筆者のまわりのフリーランス女子でも、この機能を愛用している人も多いです。

カメラマークをタップして、「書類をスキャン」を選択。スキャンしたい書類や雑誌のページなどにiPhoneをかざし、画面内に誌面が収まるようにします。画面内のシャッターボタンをタップすると、書類をスキャンすることができます。

白い枠に収まるように、手動で微調整することもできます。

これでよければ、「スキャンを保持」をタップ。左下の小窓に移動します。左下の小窓をタップすると、スキャンしたデータを加工することもでき、「保存」をタップするとメモ上にスキャンデータが貼られます。データのみをメールなどで送信することも可能です。スキャンすることで、カメラでの撮影と違って、影などが映り込む心配もありません。

右上の共有マークをタップすると、データを送信できます。

仲間とメモをシェアしあって、一緒に編集作業も

作成したメモは、友達や家族にメールで送ったり、そばにいるならAirDropで送ることもできます。また、人マークをタップすると、複数の人とシェアして編集することができます。

メモの右上にある人マークをタップして、シェアしたい人を選択します。

例えば、友達と旅の予定を立てるときに、メモアプリでテキストを作成して、旅に行くメンバーでシェア。それをみんなで編集できるようにすると、旅のプランニングもスムーズですね。

Macとの連動で、瞬時にテキストやリンクを共有

これは筆者がよく使うテク。MacとiPhoneを同アカウントで使っているので、メモアプリも連動しています。例えばMacで気になるサイトを見つけて、あとで移動中などにiPhoneで読みたいときに、Mac側のメモアプリを開いてリンクを貼っておくと、瞬間的にiPhone側のメモアプリにも保存されています。Macで作業中に思いついたこともメモアプリに書き留めておくと、iPhoneでも見ることができるのでとても便利ですよ。

☆☆☆

iPhoneのデフォルトアプリは、あらためて使ってみると、進化していて使い勝手がアップしているものもあります。とくにメモアプリは、買い物リストや書類スキャンなど、ぜひ活用したい機能が満載。いろいろな機能を覚えておくと、iPhoneがより便利に使えるはずです。

文/内田あり(女子部JAPAN(・v・))

1 2