ライフスタイル あなたは使いこなせてる?意外と知られてないLINEの便利ワザ&新機能7選

LINEのアイコンを長押しすれば、素早く友だちになれる!

目の前にいる人とLINEで友だち同士になるときに便利なのは、「QRコード」ですよね。それを一瞬で立ち上げる裏ワザがあります。

LINEのアイコンを長押しすると、メニューが表示。

ホーム画面にあるLINEのアイコンを長押しすると、メニューが表示。「QRコードリーダー」をタップすると、QRコードの読み取り画面が表示されるので、友だちになりたい人のマイQRコードを読み取ればOKです。実はこの画面は、普通にQRコードリーダーとしても使えるのです。

友だちの表示名は、自分が分かりやすい呼び方に変更!

LINE上で友だちになったときに、名前がフルネーム表記であれば分かりやすいですが、ニックネームを使っている人って多いですよね。逆に、フルネームではなくニックネームの方がわかりやすいという人もいるでしょう。そんなときは、自分がいつも読んでいる名前に変えることができるのです。

名前の右側にあるペンマークをタップして、表示名を変更。

友だちのプロフィール画面を開いて、名前の右側にあるペンマークをタップ。次の画面で友だちの名前を自分が分かりやすい名前に変更して、「保存」をタップします。

これで、トークルームなどで表示される、友だちの表示名がすべて変更されます。これは自分のLINE上のみの変更なので、相手に知られることはありませんのご安心を。仕事相手などであれば、社名や部署名なども名前と一緒に入れておくのもおすすめですよ。

メッセージの「送信取消」と「削除」をきちんと使い分ける!

メッセージを送った後に、送るトークルームを間違えてしまったり、やっぱり送るのをやめたい場合は、できるだけ早く「送信取消」の操作をします。消したい自分のメッセージを長押しすると、メニュー項目の表示が出るので、その中から「送信取消」をタップします。

次の画面でもう一度「送信取消」をタップすると、自分のメッセージが画面から削除され、「メッセージの送信を取り消しました」と表示されます。この時、友だちの画面には「〇〇さんがメッセージを取り消しました」と表示されます。

取り消したいメッセージを長押しして、「送信取消」や「削除」を操作。

ただし、送信取消の操作前に相手がメッセージを見てしまうこともあるので、なるべく早めに操作をしましょう。この「送信取消」は送ってから24時間以内しか使えないのでご注意を。また、間違えて送ってしまったスタンプも、同様に送信取消をすることができます。

間違いやすいのが、隣にある「削除」の機能。「削除」の場合は自分のトーク画面からメッセージを削除するということであり、相手のトーク画面にはメッセージは残ったまま。間違えて送ってしまったメッセージは、必ず「送信取消」を選ぶようにしましょう。

1 2 3