ライフスタイル 海外からの見知らぬ着信には要注意!スマホの電話に関するトラブルや困りごとを解決

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

スマホの電話でのトラブルは、さまざまな事例を知っておくことが大切。

最近は家に固定電話を持たず、スマホの通話機能をメインに使っているという人も多いでしょう。通信ができる場所なら、どこにいても通話ができて便利なのですが、スマホならではのトラブルや困りごともありますよね。とくに最近では、海外からの見知らぬ番号で着信がある「国際ワン切り詐欺」などのトラブルも急増しているようです。そこで今回は、スマホの通話に関するさまざまなトラブルと、その対処法をご紹介します。

見知らぬ国番号からの着信には、折り返さないが鉄則!

見知らぬ番号や非通知からの着信には、出ないことで被害が防げます。

最近急増しているのが、海外からの見知らぬ番号や、実在しない国からの着信による詐欺被害。知らない番号から着信履歴があり、その番号に折り返すと国際電話につながってしまい、あとから高額の国際通話料金の請求が届くという被害があるようです。このような被害は今年になって急増していて、「国際ワン切り詐欺」などと呼ばれています。

海外からの着信の場合、スマホの画面に表示される電話番号には、前に「+」と国番号が表示されます。たとえば、実際に被害の報告がある国としては、ツバル(+688)やスリナム(+597)、ナウル(+674)、マーシャル(+692)、ガボン(+241)など、あまり聞きなれない国のほか、韓国(+82)やフランス(+33)など主要国からのケースもあるようです。また、国番号として存在しない番号からの着信も報告されています。

この着信に応答してしまったり、履歴に折り返しをすると、外国語での自動音声が流れるというケースが多いようです。なかには、自動音声で性別や名前、年齢、銀行口座などを聞き出すという手口もあるようなので、おかしいと思ったらすぐに電話を切りましょう。また、出会い系やアダルト系番組につながるというケースも発生しています。

このような詐欺は、犯行グループが無作為に電話をかけているので、まずは絶対に折り返しをしないことが鉄則。知らない着信には絶対に出ない、折り返しをしない、ということを心がけましょう。また、履歴が残ったままでおくと、誤操作で発信してしまうこともあるので、履歴は削除するといいでしょう。着信拒否ができる場合は、その番号を登録しておくとさらに安心です。

1 2 3