ライフスタイル バックアップやLINEの引き継ぎなど、iPhoneの機種変更前にやっておくべき3つのこと

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

iPhoneのデータ引き継ぎ前には、3つの項目を確認しよう。

新型iPhoneも続々と登場し、これから機種変更をする人はますます増えるでしょう。使い慣れたiPhoneから新しい機種へデータを移行するのは、とても大切な作業ですよね。ただし、一歩間違えるとデータがすべて消えてしまうという、悲しい状況にもなり兼ねません。そこで、新しい機種にデータを移行する前に準備としてやっておきたい、3つのことをご紹介します。

iCloudなどでバックアップが取れているかを確認!

スマホの機種変更前に必ずやっておかないといけないのが、バックアップです。iPhoneではiCloudを使うのが手軽で便利ですが、パソコンがあればケーブルでつないで、iTunesでバックアップを取ることもできます。

iCloudでのバックアップは、パソコンがなくてもでき、Wi-Fi環境さえあればどこでも行なうことができます。また、自動に設定しておけば、バックアップの手間も省けます。ただし、iPhoneに入っているデータが多くなり、iCloudの容量がいっぱいになってしまうと、容量不足でバックアップを取ることができなくなります。その場合は、不要なデータを削除するか、ストレージを有料で購入しなくてはいけません。

一方、パソコンにつないでiTunesでバックアップを取る場合は、パソコンの空き容量に余裕があれば、無料でバックアップができます。さらに、外付けのハードディスクなどを利用することも。ただし、ケーブルでつないで手動でバックアップを行なわなくてはいけないので、手間は多少かかります。

ここでは、iCloudを使ったバックアップの確認方法をご紹介します。まずは、「設定」アプリを開いて自分の名前を選択し、次の画面で「iCloud」をタップします。

iCloudを初めて使う場合は、Apple IDとパスワードでサインインを。

次の画面で、iCloudの使用状況が表示されます。ここに空き容量があれば、バックアップを取ることができます。使用状況の下には、「写真」「メール」「連絡先」などの項目があるので、バックアップを取りたい項目がオンになっているのかを必ず確認します。

左の画面で下へスクロールし、「iCloudバックアップ」をタップ。

「iCloudバックアップ」をタップして、バックアップ状況を確認します。一番下の「最後に作成されたバックアップ」の日付を確認して、最近バックアップが行なわれていなかったら、「今すぐバックアップを作成」をタップしましょう。時間がかかる場合もあるので、時間に余裕がある時に行ないましょう。「iCloudバックアップ」をオンにしておけば、自動的に行なってくれるので安心です。

1 2 3