ライフスタイル 3大キャリアの新プランが勢ぞろい!それぞれの特徴やメリット・デメリットを大解剖

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

コロナ禍による暮らしの変化に合わせて、携帯プランも一度見直してみましょう。

先週、auから新プランが発表され、ついに大手3大キャリアの新プランが出揃いました。これは国の携帯電話料金値下げ要請に応え、5Gに対応しつつ、20GBの大容量かつ低価格プランを各キャリアが続々と発表したものです。携帯料金が高すぎて不満を持っていた3大キャリアユーザーや、5G対応の機種に買い換えた人、MVNOから乗り換えを考えている人にとっては、3社の新プランはかなり気になるところ!それぞれの特徴やメリット、デメリットをチェックしてみましょう。

※こちらの記事は2021年1月15日現在の情報をもとに執筆しています。

iPhone利用もOKに!海外でも使える「ahamo」

3大キャリアの中で、いち早く新プランを発表したのがdocomo。新プラン「ahamo」は、デジタルネイティブ世代を主なターゲットとしたプランで、細かな割引条件などを無くし、できるだけシンプルな料金体制になっているのが特徴です。発表からわずか1ヶ月で、55万人の申し込みがあったとの発表もあり、ユーザーの期待度が高いことが伺えます。さらに、まだ具体的な機種は発表されていないものの、iPhoneでも利用できるようになったとのこと!

また、今は海外旅行に行ける状況ではありませんが、「ahamo」は海外82の国と地域で追加料金なしに利用できるのも大きな魅力。普段から、よく海外に行く人にとっては、うれしい特徴といえそうです。

引用元/docomo公式サイト

<docomo>
新プラン名/ahamo(アハモ)
月額/2980円(税込価格は3278円)
利用開始日/2021年3月より
データ量/20GB
手続き・サポート/オンラインのみ、専用チャットで窓口相談
故障対応/オンライン修理受付サービス
データ追加/500円(1GB)
4G・5Gネットワーク利用が可能

ahamoのメリット
・国内通話は1回あたり5分以内の場合は、何度でもかけ放題
・海外82の国と地域で、追加料金なしに利用できる
・iPhoneでも利用できる(詳しい機種は未発表)
・キャリア内で変更する場合は、MNP手続きが必要なし

ahamoのデメリット
・海外での利用日数が15日を超えると、通信速度が制限される
・通話が5分を超えると、30秒ごとに20円の通話料金が別途かかる
・みんなドコモ割やドコモ光セットの割引併用ができない
・キャリアメールに非対応

LINEが使い放題になる「SoftBank on LINE」

SoftBankはMVNOブランド「LINE モバイル」を事実上吸収合併することで、SoftBankの内部ブランドとして、「SoftBank on LINE」を発表。ほかの2社と違って、LINEで簡単に手続きを行ったり、サポートを受けたりすることができます。そして、このプラン最大の特徴は、LINEが無料で使える「LINEがギガノーカウント」を利用することができるところ。LINE利用時(LINEトークとLINE音声通話は対象)に20GBのデータ容量を消費しないので、LINEをよく使う人にとってはお得なプランになっています。

こちらは「ahamo」と同様に、国内通話は5分までは無料ですが、それ以降は30秒ごとに20円の通話料金が別途かかります。LINEでの音声通話は相手が限られてしまうので、仕事などで通話をよくする人であれば、かけ放題オプションを月額1000円でプラスして利用することもできます。

引用元/SoftBank公式サイト

<SoftBank>
新プラン名/SoftBank on LINE
月額/2980円(税込価格は3278円)
利用開始日/2021年3月より
データ量/20GB+LINEのデータは使い放題
手続き・サポート/LINEまたはオンライン
データ追加/500円(1GB)
4G・5Gネットワーク利用が可能

SoftBank on LINEのメリット
・LINEは20GBのデータ容量に含まれず、使い放題
・申し込みやサポートがLINE上で簡単に行うことができる
・国内通話は1回あたり5分以内の場合は、何度でもかけ放題
・アメリカ本土やアラスカ、ハワイなどで通話やSMS、データ通信が利用し放題になる「アメリカ放題」が利用できる(一部機種以外)

SoftBank on LINEのデメリット
・通話が5分を超えると、30秒ごとに20円の通話料金が別途かかる
・LINEを利用していないと、あまりメリットがない
・SoftBankかワイモバイルから乗り換える場合も、MNP転出手続きが必要になる。ただし、手数料は無料
・家族割、セット割が利用できない
・キャリアメールに非対応

1 2