ライフスタイル ショートメールを使ったフィッシング詐欺が急増! 被害に遭わないためのポイントは?

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

企業やウェブサイトからショートメールが届いたら、まずは確認の習慣を。

今、ショートメール(SMS)を使ったフィッシング詐欺が増加しているのをご存知ですか? フィッシング詐欺とは、悪意を持った第三者が、実在する企業やウェブサイトからのメールを装い、口座番号やクレジットカード番号、暗証番号、パスワードなどの個人情報を不正に入手する行為のこと。これまでも、大手企業を装ったフィッシング詐欺の被害は報告されてきましたが、最近はスマホのショートメールを使ったケースが急増しています。そこで、どんな実例があるのか、また本物のサイトと詐欺サイトを見分けるポイントをご紹介します。

フィッシング詐欺は、今年に入って急増中!

これまでも、大手企業を装ったフィッシング詐欺の被害は話題になっていましたが、最近急増しているのが、ショートメール(SMS)を使ったフィッシング詐欺メール。実際に「フィッシング対策協議会」のホームページでも、2020年2月からじわじわと増え始め、今年に入ってからは急増していることがわかります。

出典元:フィッシング対策協議会

では、具体的にはどんな企業からのメールが報告されているでしょうか。たとえば、Amazonやソフトバンク、三菱UFJ銀行、三井住友カードなど、大手企業を装ったメールの被害が報告されています。また、宅配便の不在通知を装ったメールも多いようです。少しでもおかしいなと思ったら、ホームページを検索して、フィッシング詐欺の被害が報告されていないかを確認しましょう。

「フィッシング対策協議会」(https://www.antiphishing.jp/)のサイトでも、被害の報告があった企業名が順次追加されているので、ここをチェックするのもおすすめです。

添付されているURLにアクセスしないことが大事!

ショートメールに届くフィッシングサイトの大きな特徴は、内容がとてもシンプルなところ。そして、日常によくありそうなシチュエーションのため、受け取った側も、つい信用してしまいがちです。例えば、宅配便の不在通知を装ったメールなどは、荷物を頻繁に頼んでいる人なら、あまり疑わないかもしれません。

出典元:フィッシング対策協議会

では、フィッシング詐欺のメールと判別するには、どんな点を確認すればいいでしょうか。まずは、ショートメールに添付されているURLをよく見てください。大手企業からのメールであれば、URL内に企業名が入っていることがほとんど。そうでなければ、まず疑うべきです。またURLの末尾があまり見たことがない場合は、疑ってみるのがいいですね。

次に本文を見ます。日本語が少しでもおかしい場合は、迷わず疑いましょう。パッと見では見逃してしまいそうですが、よく読んでみるとおかしいことがよくあります。

詐欺グループは、本文やURLをよく読まずに、パッと見でURLにアクセスしてしまうユーザーをターゲットにしているのです。ですから、よく本文を確認することは、詐欺に遭わないための予防策としてかなりの効果があります。おかしいなと思ったら、念のためのスクリーンショットを撮っておき、すぐにメールを削除します。

1 2