ライフスタイル 一回振ると直前に打った文字が消える…!? iPhoneの文字入力が早くなる小ワザ5選

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

文字入力がスムーズにできると、スマホライフがもっと快適に!

スマホを使っていて、文字入力でイライラしてしまったことはありませんか?パソコンの大きなキーボードと違って、スマホの画面内にあるキーボードはとてもコンパクト。文字入力の際の誤操作は、自然と多くなってしまうものです。そこで、できるだけ文字の入力ミスをしないように、またミスをしてしまっても素早く修正できる方法など、iPhoneの文字入力で使える小ワザをご紹介します。

小ワザ1:素早く削除したいときは、三本指で左にスワイプ

文字を打っていて、今入力した文字や文章を削除したい!というときは、キーボードを使わなくても素早く削除ができます。画面を3本指で左にスワイプさせると、今入力した部分が一気に削除されます。

画面を三本指で触れて、そのまま左へスワイプします。

さらに、三本指で同じように右にスワイプすると、今削除した文字を元に戻すことができます。これを知っておくと、もし文字打ちで間違えてしまっても、素早く削除して打ち直しができます。

ちなみに、入力を削除するにはもうひとつの方法があります。iPhoneを一回振ると、「取り消し-入力」という表示が出ます。「取り消す」をタップすると、前の操作が取り消されて、すぐにやり直しができます。

iPhoneを一回振ると、取り消すボタンが出ます。

また、さらにもう一回iPhoneを振ると、取り消したものを元に戻すことも。これを知っておけば、素早く元の操作を取り消すことができるので便利です。つまり、「戻る」操作のように使うことができるのです。

小ワザ2:空白ボタンを長押しすると、カーソルを動かせる

文字を入力していて、文章の途中で一部の文字が間違っていたり、余計な文字が入ってしまったときに、カーソルを動かして修正しますよね。通常は、文字部分を長押しすることで、表示されたカーソルを指で動かして移動させますが、文字が指で隠れて操作しづらい…と感じる人もいるのではないでしょうか。

空白を長押しすると、キーボードがキーパット代わりに。

そこでおすすめなのが、キーボードの「空白」ボタンを長押しするワザ!ここを長押しすると、キーボードの文字が消えて、キーパッドのようになります。そのままキーパッド上で指を動かすと、カーソルを希望の位置にスムーズに動かすことができるのです。

1 2