ライフスタイル SMS、MMS、iMessageの違いは? iPhoneのメッセージアプリを使うときに知っておきたい3つのこと

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

iPhoneのメッセージアプリでは、3つのサービスが使えます。

LINEでメッセージ交換をする人は多いですが、LINEでつながっていない人や、電話番号だけでつながっている人、またiPhone同士でやり取りをする場合は、iPhoneのデフォルトアプリである「メッセージ」が便利です。ただ、少しややこしいことに、メッセージアプリの中でもSMS、MMS、iMessageの3つのサービスが混在しているのです。

あなたは、この3つのサービスの違いをしっかり区別できていますか?違いを知らずに使っていると、意外にも高い送信料がかかっていたり、相手に余計な通信料を発生させている場合もあります。そこで今回は、SMS、MMS、iMessageの3つの違いをご紹介します。

SMS、MMS、iMessageは、似ているようで全く違うサービス

SMSとMMSは吹き出しが緑色に、iMessageは吹き出しが青色になります。

iPhoneのメッセージアプリで利用できる、SMS、MMS、iMessageの違いや特徴についてご紹介しましょう。

SMSの場合

SMSとは、ショートメッセージサービスの略。iPhoneのメッセージアプリを使って、メールアドレスではなく、相手の電話番号を宛先にしてメッセージが送信できます。相手のメールアドレスを知らなくても、電話番号さえ知っていればやり取りができる点が最大のメリット。ただし、このサービスを使って送ることができるのは、文字と絵文字のみ。写真やデータファイルなどを送ることはできません。

SMSは携帯電話サービスがはじまったのと同時に利用が開始されましたが、以前はキャリアごとに名称が違っていて、同じキャリア間でないと利用できないという欠点がありました。現在はキャリアが違っていてもOKですし、iPhoneとAndroidとのやり取り、スマホとガラケーでのやり取りなど、ほとんどの機種同士でメッセージ交換ができるようになっています。(ただし、格安SIMでデータSIM契約の場合は、有料オプションだったり、利用できないこともあります)

また、メールアドレスよりも確実に連絡が取れるということもあり、さまざまなサービスで利用されている二段階認証にも使われています。認証の際には、プッシュ通知で画面に認証番号が表示されるので、操作も非常にわかりやすいのが特徴です。

1 2 3