ライフスタイル 「リール」って何? 読み物系の投稿ってどう作るの? 今さら聞けないInstagram最新機能

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

Instagramは投稿を見る以外にも、買い物や店探しにも便利。

Instagramはこれまで、フィルターを使った素敵なスクエア写真を投稿するのがメインのSNSでした。しかし最近は、動画を見たり、読み物系の投稿を楽しんだり、買い物をしたりと、楽しみ方がどんどん変化しています。いつの間にか加わっていた新機能の「リール」や「ショップ」など、これは何?という疑問を持ちながら使っている人もいるのでは? そこで今回は、Instagramの最新機能をご紹介します。

「リール」の登場で、Instagramも“TikTok”化!?

Instagramに「リール」という機能が加わったのは、2020年の8月。これまで、Instagramで動画と言えば、「IGTV」もしくは「ストーリーズ」がありましたが、そこに「リール」という機能が加わりました。

「リール」は、15秒から最長30秒の動画が投稿でき、動画に合わせてプレイリストから音楽を選んだり、エフェクトを掛けたり、動画をつなぎ合わせたりと、IGTVやストーリーズよりも凝った編集ができるのが特徴。また、人気アプリ「TikTok」とよく似ていて、「Instagram版TikTok」などとも言われているそう。

下中央のマークをタップすると、「リール」が開きます。

「リール」のマークをタップしてのぞいてみると、いろいろなユーザーが公開している動画をランダムに楽しむことができます。比較的短めの動画が多く、それが自動的に繰り返し再生されるので、ついつい同じ動画を何度も見てしまうという中毒性あり! まさにTikTokにそっくりです。画面を下から上へスワイプさせると、次々とリールを見ることができますよ。

リールの投稿は、通常の投稿画面から「リール」を選べばOK。

ちなみに、「リール」「ストーリーズ」「IGTV」の一番大きな違いは、動画の長さです。「ストーリーズ」は手軽に投稿ができる動画で、24時間で消えるということもあり、一番短くて15秒まで。次に長いのが「リール」で15秒か30秒の動画を作成できます。最も長いのが「IGTV」で、最低でも60秒から最長60分となっています。

また、ストーリーズは視聴した人の足跡が付いてしまう特性があり、見る人も、見られる人も、それなりにお互いに気になってしまう…という面がありました。一方で「リール」は足跡がつかないので、広くたくさんの人に見てもらいたい動画で使うのにおすすめです。つまり、プライベートな動画はストーリーズで、公開したい動画はリールで、という使い分けもできそうです。

1 2 3