ライフスタイル LINEにまつわるリスクを減らすために、今すぐやっておきたい5つのセキュリティ強化術

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。

LINEの設定で、自分でできる最大限のセキュリティ強化をしましょう。

国外における個人情報の取り扱い問題がニュースに取り上げられ、LINE利用に不安を覚えている人も多いのではないでしょうか。しかし、いまやコミュニケーションツールとして生活に欠かせないLINEだからこそ、できる限りのセキュリティ強化をして使っていきたいもの。そのためには、自分のLINEアカウントの設定を今一度見直す必要があります。そこで、LINEをできるだけ安心して使うために、今すぐできるセキュリティ強化術を5つご紹介します。

1. 「Letter Sealing」をオンにして、メッセージを暗号化!

LINEのトーク内容が第三者に見られるのはできるだけ避けたいこと。そこで、トーク内容を暗号化できる設定をしておきましょう。

「設定」>「プライバシー管理」>「Letter Sealing」をオンに。

LINEの設定画面を開いて、「プライバシー管理」をタップし、「Letter Sealing」をオンにしておきましょう。ここをオンにしておくと、発信者の端末からLINEのサーバーを経由して受信者の端末に届くまでの間、ユーザー間でやり取りしたメッセージ内容が暗号化され、送信者と受信者以外にはメッセージ内容が解読できないようになっています。

2.「ログイン許可」をオフにし、不正アクセスをできるだけ防ぐ!

普段、自分のスマホだけでLINEをしている人なら、この設定をしておくと、LINEアカウントの乗っ取りの可能性を少しでも低くすることができます。

「設定」>「アカウント」>「ログイン許可」をオフに。

LINEの設定ページを開いて、「アカウント」をタップ。「ログイン許可」をオフにしましょう。これで、スマホ以外のパソコンやタブレットからログインした場合に、ログインができないようになります。ただし、ブロックができるのはパソコンとタブレットのみ。100%の予防にはなりませんが、できるだけリスクを減らすことができます。

自分のスマホとパソコン、タブレットなど、複数端末でLINEを使っている人は、ここをオフにしてしまうと、ログインができないので注意しましょう。

1 2