ライフスタイル iPhoneのカレンダーアプリに不審な通知が続々!? 知っておきたい事例と解決方法とは

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。

突然、iPhoneのカレンダーアプリに見知らぬ通知が届いたら、誰でもびっくりしてしまいますよね。それも、1時間おきと頻繁に通知が届き、「警告」や「脅威」「有害」など、恐ろしいフレーズが並んでいたらなおさらです。昨年あたりから、「iPhoneのカレンダーアプリがウイルス感染したかも!」などといった事例が多く寄せられているよう。そこで、いざという時に知っておきたい解決策をご紹介します。

不審な通知がきたら、まずは絶対にいじらない!

iPhoneのカレンダーアプリに、登録した覚えのないイベントが突然入ってきたり、怖い文言の通知が届いたら、アカウントが乗っ取られてしまったのではと心配になりますよね。さらに、自分がカレンダーに登録している内容や個人情報が漏れてしまうのではと、恐怖を感じるはず。このように、iPhoneのカレンダーアプリに不審な通知が届く事例が、昨年の7月ごろから今年にかけて急増しているそうです。

カレンダーのイベントに、不審な通知が頻繁に届く事例。

これは、iCloudやiPhoneのカレンダー機能を利用して、他人のカレンダーに不審な書き込みをする、新しい詐欺の手口だそう。万が一、自分のiPhoneでこのような現象が起こったら、どうしたらいいでしょうか。

まずは、通知が頻繁にやってきても、絶対に通知を見たり、その通知に誘導されてURLなどをタップしたり、個人情報を入力しないことです。ここで個人情報を入力してしまうと、さらなる被害に遭ってしまいます。

このような感染を実際に経験した人によると、「1時間ごとに通知がきて恐怖だった」「自分のカレンダー内にある個人情報が漏れるのではないかと怖かった」など、これまでにない恐怖を覚えるのだそうです。

不審なアカウントがないか、すぐにチェック!

届いた通知には一切反応せず、いじらないことが大切ですが、できれば今すぐにでも解決したいところ。iPhone の「設定」アプリから、「カレンダー」を開いてみましょう。さらに「アカウント」を開いて、そこに見覚えのないアカウントが入っていないかを確認します。

「設定」アプリから「カレンダー」を選んで、「アカウント」を開きます。

ここに、万が一見知らぬアカウントがあったら、すぐに削除をしましょう。これが原因になっている可能性が大です。これで通知が来なくなれば、ひと安心です。

1 2