ライフスタイル 活用してる?iPhoneがちょっと便利になるウィジェット機能

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(https://www.iphonejoshibu.com/)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。

脱・アイコンが並ぶだけのホーム画面! ちょっと便利になりますよっ

Androidユーザーにとっては馴染みが深いウィジェットも、iPhoneユーザーにとってはまだ新しい機能のひとつ。

毎回アプリを開かなくても、いろんな情報がチェックできるので、便利な機能なんです!

今回は、そんなiPhoneでのウィジェットの使い方についてご紹介します。

アプリの情報がすぐ確認できるウィジェット機能

iOS 14から、Androidのようにホーム画面に置くことができるようになったiPhoneのウィジェット機能。従来のように画面をスワイプして表示させることもできますが、ホーム画面に置けば、画面を見るだけで知りたい情報をすぐ確認することができます。

例えば、天気やマップ、アクティビティなどがセット可能。デフォルト機能以外にも、LINEやGoogle系サービス、TikTokといったエンタメアプリでも、機能に対応していれば、ウィジェットを置くことができます。

多くの人が使っているGoogle系サービスもウィジェットに対応。

ウィジェットを設定する方法

ウィジェットを設定する方法は、まずホーム画面の空いている場所を長押しし、アイコンが揺れる状態にします。すると、左上に「+」マークが表示されるので、それをタップします。

すると設定できるウィジェット一覧が表示されるので、設置したいウィジェットを選び、ホーム画面に配置します。好きな場所に配置して右上の「完了」をタップすれば設置完了です。

サイズによって様々な配置が可能。

ウィジェットアプリを活用する

デフォルトで設定されている機能だけでなく、アプリを使ってカレンダーや時計、天気などのデザインをカスタマイズすることもできます。今回は「Widgetsmith」というアプリを使ってみました。

アプリをインストールした後、開きます。「Small」「Medium」「Large」の3サイズのうち、今回は「Small」サイズを選び、様々なスタイルの中から設定したいモノを選びます。ポップなカレンダーを選んでみました。

好きなデザインを選んだら「Small #1」をタップして前の画面へ戻る。

好みのデザインを選択した後、前の画面に戻って「Save」をタップすれば事前準備完了です。

好みのデザインが選択できていることを確認して「Save」をタップ。

あとは、ほかのウィジェットと同じように設定します。まず、画面を長押ししてアイコンが揺れる状態になってから、左上の「+」をタップ。アプリの一覧から「Widgetsmith」を選び、先ほど設定した「Small」の「ウィジェットを追加」を選択します。すると、ホーム画面に作成したカレンダーのウィジェットが配置されました。

「Widgetsmith」では自分好みのカラーリングにカスタマイズも可能。

☆☆☆

一度使うと、アイコンだけが並んでいた画面には戻れないウィジェット機能。慣れてきたら「Widgetsmith」のようなアプリを活用して、より好みのホーム画面にしてみてはいかがでしょうか。

iPhoneライフがグンと便利になりますよ!

文・ミノシマタカコ(女子部JAPAN(・v・))

これまでのスマホよろず相談をチェックしたい方はコチラ