ライフスタイル 【災害関連アプリ】9月1日は防災の日! 震災時に絶対役立つアプリはこの6つ

②防災に関する最新情報を集めよう!

震災時は、正確な情報収集も大切ですね。オフィスや外出先、避難所などで情報を得るためには、Twitterやラジオが有効です。とくに、東日本大震災の時にはTwitterでの安否確認が一番スムーズだったとも言われています。災害関係のアカウントをあらかじめフォローしておくのもいいですね。

Twitter(無料)

道の混雑状況や被害状況などをリアルタイムで知りたいなら、Twitterの検索機能が断然便利! 「◯◯道路 混雑」「◯◯町 被害」など、知りたい情報のキーワードを検索してみましょう。みんながツイートしているリアルな声は最も参考になるはず。ただし、デマや噂なども多く流れるので、情報の正確さを判断するのも大切です。

災害関連のアカウントは多数あるので、あらかじめチェックを。

たとえば、「首相官邸」や「NHKニュース」など、震災時に最新情報を発信してくれるアカウントをあらかじめフォローしておくと、テレビやラジオがなくても被害の最新情報を得ることができます。また、友達や家族のアカウントも把握しておけば安否確認にも。

 

radiko.jp(無料)

よく聴くラジオ局はマイリストに追加!

ローカルな情報を知りたいなら、地元のラジオ局を聴くのが一番! 「radico.jp」は、今いるエリアの放送局を聴くことができるので、移動しながらもラジオから最新情報を手に入れることができます。停電中でテレビが見られない状況でも、スマホのラジオであればどこにいても聴くことができるので便利です。

1 2 3 4