ライフスタイル スマホの動きが鈍くなったり、フリーズしてしまった時の5つの対処法!

【その3】最新のOSにバージョンアップされているか、確認!

新しいiOSをインストールにするときは、時間に余裕があるときに行いましょう。

iPhoneの最新機種を買ったばかりの頃や、新しいiOSにアップデートしたばかりのときなどは、スマホの動きが悪いことがよくあります。私もiPhone 6ではほとんどなかったフリーズが、iPhone 8に買い替えてから、たまに起こるようになりました。

そんなときは、できるだけ最新のiOSにこまめにバージョンアップをしてみましょう。不具合が改善された新しいバージョンがリリースされていることもあり、アップデートすると直る場合もあります。

【その4】キャッシュをクリアにする!

ネットを使っていて、動きが遅いと感じたときに効果があります。

キャッシュという言葉、あまり聞き慣れない人も多いのでは?でも、スマホの動きを快適にするのに、キャッシュをクリアにするという作業が有効なのです。

その前にキャッシュとは何のことでしょう。通常はよく、現金のことをさしますが、パソコンやスマホで使うキャッシュとは「かくし場所」や「貯蔵する場所」をさします。この貯蔵する場所がいっぱいになっていると、動きが鈍くなってしまうというわけです。

iPhoneでは、Safariのキャッシュを簡単にクリアにすることができます。「設定」>「Safari」>「履歴とWebサイトデータを消去」をタップすると、溜まりに溜まっているデータをクリアにすることができるのです。キャッシュのデータを消しても、大切なデータが消えてしまうわけではないのでご安心を。

Androidの場合は、「設定」>「ストレージ」>「内部ストレージ」>「キャッシュデータ」などからクリアにすることができます。(機種によって操作が異なることがあります)

【その5】使っていないアプリや不要な写真を削除!

アプリを取り除く、もしくは削除して容量を確保しましょう。

無料だからといって、アプリをどんどんインストールしていくと、それなりに容量を使い、スマホの動きが悪くなる原因にもなります。そこで、使っていないアプリは断捨離するのがベスト。

まず、効率的なアプリの消し方は、どのアプリがどのぐらい容量を取っているかを確認しながら行うとスムーズ。まずは、「設定」>「一般」>「iPhoneストレージ」をタップ。下へスクロールすると、インストールしているアプリとその容量、最近アプリを使用しているかなどが表示されます。

容量が大きく、そしてほとんど使用していないアプリから削除していくとスムーズです。削除したいアプリを選択すると、ここからアプリを削除することができて便利です。

Androidの場合も、「設定」>「アプリ」を開くと、データの容量が表示されているので、容量が大きいアプリから削除すると効果的です。

また、写真が大量に保存されている場合も、動きが遅くなる原因にも。一度、写真の断捨離をしてみるのもおすすめですよ!

写真整理については、こちらをチェック!

☆☆☆ 

スマホが突然フリーズしてしまうと、ちょっと焦ってしまいますよね。そうならないように、少し動きが悪いかなと感じたら、まずはバックグラウンドで開いているアプリをこまめに終了させたり、キャッシュのクリアやアプリ、写真の整理をしてみましょう。そして、いざフリーズしてしまったら、焦らずに再起動を試みます。ただし、あまりにもフリーズするような状況が続けば、一度ショップで見てもらうこともおすすめです。

 

 文/女子部JAPAN(・v・) 内田あり

1 2

Ranking

Information