ライフスタイル スマホの通信速度制限に引っかかる前に、心掛けるべき5つのこと

<その4>アプリの自動アップデートをWi-Fi時のみにする

自動アップデートは、アプリをひとつずつ手動で更新する必要がなく、とても便利な機能。でも、今すぐアップデートが必要ないものまで、Wi-Fi環境にないときでも自動的に実行されてしまい、使わなくていいデータ通信が消費されてしまいます。「設定」>「iTunes StoreとApp Store」を開き、アプリの「アップデート」はオンにして、「モバイルデータ通信」はオフにします。

モバイルデータ通信をオフにしておくと、Wi-Fiに接続したときのみアップデートをしてくれます。

<その5>アプリを使ってデータの残量を確認する!

今日一日でどのぐらいデータを使ったのか、今どのぐらいデータ容量が残っているのかなどをこまめに確認できれば、ある程度自分でデータ使用をコントロールすることができます。でも、毎日My SoftBankやMy auなどにログインするのは面倒。そこで、データ残量がチェックできるアプリをダウンロードしておけば、残っているデータ容量をグラフなどで簡単に確認することができます。

データ容量が少なくなってくると、背景のカラーがブルーからオレンジに変化。ひと目で残量が分かります。

☆☆☆ 

設定を変えたり、外出先での使い方を少し意識するだけで、通信速度制限に引っかからないような使い方に改善できるかもしれません。そんなに難しいことではないので、今すぐ設定してみましょう。データをちょこちょこ追加購入していると、年間で考えればそれなりの金額に。ムダな出費と思って、ぜひ実行してみてくださいね。

 

 文/女子部JAPAN(・v・) 内田あり

1 2