ライフスタイル 【Google広報さんに聞きました!】Googleアカウントを安全に使うために、今すぐ実践できる4つのこと

その(4)Googleマップの位置情報はしっかり管理!

「設定」>「Google Maps」>「位置情報」が「常に許可」になっていないか確認しましょう。

スマホの「設定」から、Googleマップがどんな設定になっているのかを確認しましょう。とくに、自分の居場所を表示する位置情報は、きちんと理解したうえで管理することが大切。「常に許可」になっていたら、できれば「このAppの使用中のみ許可」に設定しなおすのがおすすめです。

位置情報をオンにしておくと、Googleマップで現在地を表示してくれたり、写真を撮ったときに自動的に位置情報を取得してくれたりと何かと便利。一方で、いつ誰とシェアするかは、自分でしっかり管理したいものです。

☆☆☆

 

ひとつのアカウントでさまざまなサービスが利用できるGoogleアカウントはとても便利ですが、安全に使えなければ意味がありません。ぜひとも、セキュリティ診断や2段階認証プロセス、パスワードの複雑化などを参考に、安全で楽しくGoogleサービスを利用してみましょう。

 

 文/女子部JAPAN(・v・) 内田あり

1 2 3