ライフスタイル iPhoneの誤操作や使いすぎを防止!iPhoneの3つの困りごとはコレで解決

スマホをはじめ、女子が気になるモノ・コトを体験・解決するコミュニティメディア、女子部JAPAN(・v・)(www.iphonejoshibu.com)のスマホ通編集部員に、スマホにまつわる女子のお悩みを解決してもらいます。これまでのスマホよろず相談はコチラ

誤操作や使いすぎは、ちょっとした工夫で解決できます。

日常の中のさまざまなシーンで便利なiPhone。カメラになったり、電話機になったり、音楽プレイヤー、ラジオ、計算機、ときには懐中電灯にも。毎日使う機能だからこそ、ちょっとした困りごとが気になったりしますよね。そこで今回は、誤操作や使いすぎなど、iPhoneの3つの困りごとを解決します!

【困りごとその1】LEDライトをつい消し忘れてしまう!

夜間など暗い場所で光が欲しいときや停電時など、iPhoneのLEDライトは懐中電灯代わりに。しかし、自分では消したと思っても、ライトが付きっぱなしになっていたり、誤操作で勝手に付いてしまうこともあるはず。明るい場所でiPhoneの画面を操作していると、意外と気付かなかったりします。

付きっぱなしになっていると、バッテリーも消耗してしまいます。

そんな時は、ロック画面の状態であれば、画面を右から左へスライドさせるとカメラが立ち上がって、ライトがサッと消えるのです。これで、ホーム画面を押してカメラを終了させればOK。ホーム画面の状態の場合も、カメラアプリをタップするとライトを消すことができます。

ロック画面の場合は、右から左へスワイプさせるとカメラが起動して、LEDライトが消えます。

もちろん、コントロールセンターを表示させてオンオフもできますが、サッと消したい時は上の方法が断然便利です。

画面の下から上へコントロールセンターを表示させて、LEDライトをオンオフできます。

1 2 3