ライフスタイル 炊飯器だけで完成!在宅ランチにおすすめの時短レシピ【シーフードカレーパエリア】

近頃、炊飯器を使った時短&簡単レシピが人気ですが、火を使わずにできるので暑い夏の心強い味方でもあります。料理が苦手な人でも失敗しにくく、かつ美味しくできるのもありがたいところです。

今回は、健康管理士の市川実紗希さんに、早炊き機能を使うことで、より時短にができて、見た目も香りも本格的なパエリアレシピをご紹介いただきます。

ボタンひとつで作れるのに豪華に見えます!

専用の調理器具や調味料が必要で、作るのはなかなか面倒なイメージのあるパエリア。実は、 炊飯器を使えば普通の日本米でもベチャッとせず、美味しく作れます。ポイントは早炊き機能を使うことと水加減。サフランではなくカレー粉を使った手軽さも魅力です。

■材料

・お米 1合
・バター 5g
・塩、ブラックペッパー 少々
・パセリ 飾り用
A
・玉ねぎ 1/4個
・酒 大さじ1
・にんにく 1かけら
・カレー粉 大さじ1/2
・無添加コンソメ(5g)  1本
・冷凍シーフードミックス 80g

冷凍のシーフードミックスを使うと調理も簡単です。

■作り方

①玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。

②お米を通常通り洗い、Aと一緒に炊飯器に入れる。

③メモリの1合より2mmくらい下の線まで少なめにお水を加えて、早炊きで炊飯する。

④炊き上がったら、バターを加えて全体を混ぜ合わせ、塩とブラックペッパーで味を整える。 器に盛り、パセリを散らす。

早炊き機能を使うのがポイント

「冷凍のシーフードミックスを使えば魚介の下処理が省けます。旨味もしっかり出ますよ。普通の炊飯でもいいのですが、早炊きの方が、芯が少し残る感じになって食感も◎です!」(市川さん)

水加減も少し少なめにするのもポイントです。

残ったらオムライスなどにしても

シーフードの旨味と、カレーとバターが交じり合った魅惑的な香り、少し硬めに炊きあがったお米の歯ごたえがあいまって、食べる手が止まらないおいしさでした。残ったら次の日にはオムライスにしたり、スープ茶漬けにしても美味しそうです。

簡単なので在宅ワークの日のランチにもおすすめです。ぜひお試しあれ!

文/内野智子 撮影/田中麻以(小学館)

賢人プロフィール

健康管理士市川 実紗希

ダイエットや健康管理が得意分野。 20代で婦人系の病気にかかったことがきっかけで食事の大切さに気づき、女性の体を労るレシピを中心に提案。「すべての女性に美と健康を」がテーマ。