ライフスタイル 全ズボラが感動!マグカップひとつで作れる、激うまクラムチャウダー

朝晩の寒さが厳しくなってきたこの頃。布団から出るのがだんだんつらくなってきませんか? そんな寒い朝にぴったりな朝ごはんを、健康管理士の市川実紗希さんにご紹介いただきました。

マグカップひとつで作れる、超簡単クラムチャウダーです。

「卵を入れることでボリュームアップし、時間がない朝のごはんとして簡単で、さらに栄養もバッチリとれますよ」(市川さん)

とっても簡単なのに、満足感も高くて栄養満点。そんな最高のスープです!

レンジで作ったとは思えない、とろ~り濃厚なスープです。

材料

・冷凍シーフードミックス 30g
・冷凍ミックスベジタブル 20g
・ツナ缶 大さじ1
・卵 1個
・小麦粉 小さじ1

【A】
・コンソメ 小さじ1
・豆乳 60ml〜80ml
・粉チーズ 大さじ1
・塩胡椒 適量

作り方

①マグカップに、シーフードミックス、ミックスベジタブルを入れてふんわりラップをし、電子レンジで500w1分加熱する。

具材が1/3以下になるような大き目の器がオススメです。

②ラップを外し、ツナと小麦粉を加えて全体を混ぜ合わせる。

小麦粉と具材を先に混ぜることでダマになりません。

③【A】を入れて混ぜたら、真ん中に卵を割り入れ、爪楊枝などで卵黄に必ず穴を開ける。

穴を2~3か所開けると、レンジで加熱しても卵黄が爆発しにくくなります。

④ラップをふんわりしたら500wで1分加熱する。軽くかき混ぜてから、再度ラップをふんわりし、500wで30秒加熱する。

常備しておくと便利&ちょい足しにもぴったり!

さまざまな料理にサッと使えて便利です。賞味期限が長いのもうれしいですね。

必要な量だけ使って残りは保存しておける冷凍のシーフードミックスやミックスベジタブル、パウチに入ったツナは一人暮らしの強い味方。

とくにパウチ入りのツナは、缶入りよりも余った分をそのまま保存できるので便利です。

最近は、シーフードミックスもエビ、イカ、アサリと定番だけでなく、ホタテやカキ、タコなど、いろいろな種類が増えています。ミックスベジタブルもブロッコリーやカリフラワー、インゲン豆など、好みに合ったものを常備しておくと便利です。

また、シーフードミックスにはボイル済みタイプと半生加工タイプがあります。ボイル済みは解凍してそのまま食べても大丈夫ですが、半生加工タイプは加熱しましょう。

「シーフードミックスやミックスベジタブルは、パスタやサラダなどの具が物足りない時や、付け合わせなどにも使えてとても便利ですよ」(市川さん)

今回、電子レンジで卵を加熱しましたが、あらかじめ卵黄に穴をあけておくことと、一度に加熱せずに数回に分けることがポイントです。

「我が家では卵サンドなど、最初から潰す予定の茹で卵を作る際もレンジを使っています。水の量は卵がかぶるぐらい。500wで30秒加熱を2~3回にわけて好みの堅さにしています」(市川さん)

濃厚でホカホカのクラムチャウダーは心をほっこりさせてくれます。忙しい朝の、心と体の栄養補給に、ぜひ試してみてください。

賢人プロフィール

健康管理士市川 実紗希

ダイエットや健康管理が得意分野。 20代で婦人系の病気にかかったことがきっかけで食事の大切さに気づき、女性の体を労るレシピを中心に提案。「すべての女性に美と健康を」がテーマ。