ライフスタイル ティラミスが低カロリー!混ぜて冷やすだけの「お豆腐ティラミス」レシピ

クリスマスやお正月はゆっくり過ごしながら甘い物をたっぷり食べたい!でも高カロリーなスイーツを食べるのはやっぱり気が引けますよね。

そこで、今回は豆腐とクリームチーズを混ぜるだけでできる簡単低カロリーな「お豆腐ティラミス」を健康管理士の市川実紗希さんにご紹介いただきました。

「甘い物を食べると幸せになりますよね。私は体のことも考えて、甘い物を作るときは豆腐や米粉などを使ってカロリーダウンするようにしています。このティラミスは糖質や脂質が控えめなのに、しっかりとコクのある味わいになりますよ」(市川さん)

ふわとろ食感。これならたっぷり食べても罪悪感無し!

材料

・絹ごし豆腐  180g
・クリームチーズ   80g
・ビスケットまたはクッキー  4枚

<調味料>
・きび砂糖(砂糖でもOK)またはメープルシロップ  大さじ2
・インスタントコーヒー  小さじ2
・お湯  大さじ3
・レモン汁    3〜4滴
・ココアパウダー    適量

作り方

下準備
クリームチーズは常温に戻しておく。インスタントコーヒーを溶かすためのお湯を準備する。

➀豆腐をキッチンペーパーに包み、耐熱皿に乗せ500wで2分半加熱する。

レンジを使えば、時間のかかる豆腐の水切りも時短できます。

②ボウルに移し替え、ホイッパーでしっかりと攪拌する。ミキサーがある場合は使っても良い。豆腐はそのまま冷ます。

ここでなるべく滑らかになるように混ぜましょう。

③保存袋などにビスケットを入れ、手やスプーンで荒めに砕く。

少し荒めに砕くとサクサクした食感が残って◎。細かく砕くと、柔らかく滑らかな口当たりに。

④インスタントコーヒーをお湯で溶いてから加えて、全体にしっかりと馴染ませる。

保存袋の中で混ぜるので汚れものも出ません。

⑤②の豆腐が冷めたら、ボウルにクリームチーズ、レモン汁、きび砂糖を加えて全体が滑らかになるまで攪拌する。

豆腐とクリームチーズは滑らかになるまでしっかり混ぜると口当たりがよくなります。

⑥10cm×10cm程度の器(お皿などでもOK)を用意し、③のビスケットを敷き詰める。その上に⑤のクリームを乗せていく。上からココアパウダーを振りかけ、フタをして冷蔵庫で30分以上冷やして完成。

器はガラス以外でもOKです。フタがない場合はラップをしてください。

豆腐とクリームチーズでカロリーや脂質を抑える

豆腐とクリームチーズを使ってカロリーと糖質を抑えます。

スポンジ生地にマスカルポーネチーズ、生クリームなど、高カロリーな材料がたっぷり使われているティラミス。そんなスイーツでも、代替の材料を使うことでカロリーを控えることが可能です。

生クリームの代わりに豆腐、マスカルポーネチーズはクリームチーズに替えて低糖質に。ほかにもスポンジケーキ部分の小麦粉を米粉や大豆粉に替えたり、砂糖をカロリーゼロの甘味料に替えるなど、工夫次第でカロリーをカットできますよ。

「今回は、マスカルポーネよりも安価で手に入りやすく低糖質なクリームチーズを使いました。手軽に糖質を抑えられますよ」(市川さん)

寒い夜に心がホッとする優しい甘さの中に、苦みが感じられる大人の味わいのティラミス。甘い物を我慢している人にも楽しんでもらいたいスイーツです。

文/内野智子 撮影/五十嵐美弥(小学館)

賢人プロフィール

健康管理士市川 実紗希

ダイエットや健康管理が得意分野。 20代で婦人系の病気にかかったことがきっかけで食事の大切さに気づき、女性の体を労るレシピを中心に提案。「すべての女性に美と健康を」がテーマ。