ライフスタイル カリッと焼けたお肉からお餅がとろ~り!簡単おかず「お餅の肉巻き」レシピ

お正月気分から一転、仕事が始まると、何かとあわただしくて落ち着かないものですよね。休み明けの仕事でお疲れモードの人も多いと思います。そんな時こそホッとする栄養満点のご飯を食べたいもの。
そこで今回は、消化に良いお餅をビタミン豊富な豚肉で巻いた「お餅の肉巻き」を健康管理士の市川実紗希さんにご紹介いただきました。

「ビタミンB群が豊富な豚肉は疲労回復にピッタリな食材です。お餅はご飯に比べて消化しやすいので、お正月に食べ過ぎた人など、胃を労わりたいときにおススメです」(市川さん)

うまく巻けなかったりほどけたりと面倒なイメージの肉巻きも、コツをつかめば簡単に失敗せずに上手に仕上がりますよ。

たれは味噌味。大葉を巻いて食べるとさっぱりいただけますよ。

材料

・豚バラ薄切り肉              100g(4~6枚)
・切り餅              1個

調味料
・酒  小さじ1
・醤油  小さじ1
・Ⓐ味噌  大さじ1
・Ⓐすりごま  大さじ1/2
・Ⓐきび砂糖(普通の砂糖でもOK)  小さじ1
・Ⓐ水  小さじ1
・醤油  小さじ1/2
・油  適量

■作り方

下準備

Ⓐの調味料を合わせておく。

お味噌は普段使っているものでOK。もしあれば甘みのある白味噌がオススメです。

➀豚バラ肉は半分にカットしたら酒、醤油をまぶし下味をつけておく。

重なっていても大丈夫です。

②切り餅は4等分にカットする。

硬すぎて切れない場合は、水で濡らし、ラップなしでレンジで 500W20秒ほど温めましょう。切りやすくなります。

③豚肉を2~3枚ずらした状態で重ね、切り餅を乗せて巻いていく。

お餅を巻いたら、巻き終わりが下になるように置いてください。

④フライパンを中火で熱し、油を引いたら巻き終わりを下にして全体に焼き色をつけていく。

ここでお肉を触りすぎるとほどけてくるので注意!

⑤水を小さじ1ぐらい(分量外)加えてフタをして、2~3分ほど蒸し焼きにする。

フライパンのフタがない場合はアルミ箔をかぶせればOK。
(写真はIHです。コンロがガス火の場合は、アルミ箔がフライパンからはみ出ないように注意してください)

⑥お皿に盛り付け、合わせ調味料を添えて完成。

お餅がこんな風に柔らかくなれば出来上がり。

肉に巻くだけで立派なおかずに変身

豚バラを使った肉巻きは、巻くだけと簡単なのに豪華なおかずになるのが嬉しいところ。アスパラやニンジンなどはもちろん、チーズやアボカド、ナスやちくわ、茹で卵などなど、何を巻いても美味しくいただけます。

「肉巻きのコツは豚肉にしっかり下味をつけることと、巻き終わりを下にして焼き始めることです。お餅のように火が通りにくい物の場合は、あらかじめレンジで加熱しておくか、少量の水を加えてフタをして蒸し焼きにしましょう」(市川さん)

柔らかいお餅とカリッと焼けたお肉の食感の違いが楽しめる一品です。明日からの仕事のエネルギーチャージに、ぜひ試してみてください。

文/内野智子 撮影/五十嵐美弥(小学館)

賢人プロフィール

健康管理士市川 実紗希

ダイエットや健康管理が得意分野。 20代で婦人系の病気にかかったことがきっかけで食事の大切さに気づき、女性の体を労るレシピを中心に提案。「すべての女性に美と健康を」がテーマ。