ライフスタイル 冷え対策に!!体の芯から温まる「トリプル発酵キムチ鍋」レシピ

冷え性の方はもちろん、そうでない方も手足が冷たく感じる季節ですね。冷え対策は外側からだけでなく体の内側から温めることも大切です。体を温める食材にはいろいろなものがありますが、今回は味噌、甘酒、キムチという3つの発酵食品を組み合わせて相乗効果を狙った「トリプル発酵キムチ鍋」を健康管理士の市川実紗希さんにご紹介いただきました。

「発酵食品は、善玉菌のエサとなって腸内環境を整えてくれます。腸から温めてくれますし、血行も促進してくれるので、体の芯から温まりますよ」(市川さん)

発酵食品と食物繊維が一緒に摂れる女性に嬉しい鍋です。

材料

・豚肉(しゃぶしゃぶ用バラ肉など)  100g
・白菜  1/8個
・お好みのきのこ  1/2パック
・ねぎ  1本
・豆もやし   1/2袋
・焼き豆腐(普通の豆腐でもOK)  1/2丁

調味料
・キムチ  100g(食べきりサイズのものを1パック)
・甘酒  50ml
・味噌  大さじ2
・ごま油  大さじ1
・生姜チューブ  2cm
・にんにくチューブ   2cm
・水  150ml

作り方

➀白菜と豚肉は食べやすい大きさに、きのこは石突を切り落とし、ねぎは斜め切りにしておく。焼き豆腐は軽く水を切って、食べやすい大きさに切る。

野菜や冷蔵庫の残り物などでもOK。

②鍋を中火にかけて、ごま油を引いたら、キムチを加えて香りを引き出す。

最初にキムチを炒めることがポイント。

③甘酒、水、 生姜 、にんにくを入れてスープを作る。

甘酒が入るとこで、まろやかでとろみのあるスープになります。

④切った野菜、きのこ、 豆もやし、焼き豆腐を入れたら蓋をして5分ほど煮込む。

野菜からは甘味、キノコからは旨味がスープに溶け出します。

⑤火が通ったらお肉を加えてさらに火を通し、最後に味噌をとく。

少しとろみのあるスープが具材によく絡みます。

3つの発酵食品の相乗効果

味噌、甘酒、キムチという3つの発酵食品を使うのがポイントです。
発酵食品には血行を良くする働きがあり、体を温めやすくしてくれます。いろいろな発酵食品を組み合わせることでその効果をさらにパワーアップでき、味に出ます出ます。

「味噌は香りが抜けないように最後に加えてください。他にもお好みでニラなどを加えても美味しいですし、〆のリゾットも最高ですよ」(市川さん)

〆はご飯を入れて溶き卵を回しかけれてリゾットに!

腸内環境を整える作用もある発酵食品。冷え性はもちろんお通じの悩みにもおススメです。寒さで体縮こまる夜は、こんなほかほかの鍋でホッとひと息ついてみてはいかがですか。

文/内野智子 

賢人プロフィール

健康管理士市川 実紗希

ダイエットや健康管理が得意分野。 20代で婦人系の病気にかかったことがきっかけで食事の大切さに気づき、女性の体を労るレシピを中心に提案。「すべての女性に美と健康を」がテーマ。