恋愛&結婚 【恋愛講座】嫌われてしまうのはなぜ?男性がドン引きする女子のマウンティング行動5つ

あなたの周囲に、人を陥れがちなマウンティングをする女子はいませんか?

人がマウンティングをしてしまうのは、自信がないにも関わらず優位に立ちたいと考えるからこそ。そのため、人にマウンティングすることで自分の自信を取り戻し、優越感に浸ろうと考えます。しかし、結局人は人。他者と比べ合っても終わりはありません。誰かを下げることでしか自分を肯定できないというのは、とても浅ましいこと。

とくに「男友達=何でも話せる」と思ってズバズバ話してしまう女性は要注意!いくら仲が良くても、あなたの心ない言動に彼もドン引きしてしまうかも……?そこで今回は、男性が敬遠しやすい女子のマウンティング行動についてご紹介します。男性が嫌がるマウンティング行動を知って、嫌われないようにしましょう。

■1.「だから○○なのよ」と一方的に決めつける

誰だって、自分のことを勝手に決めつけられるのは腹が立つもの。しかし、マウンティング女子は人に対して「だから○○なのよ」など、勝手に決めつけてしまいがち。もし自尊心が高く、自分の考えを尊重してほしいと考える男性であれば、このような女性の発言にイライラしてしまうことでしょう。

とくに、いくら仲が良くても「だからダメなんだよ」と発言するのは、相手を傷つけてしまうだけ。注意したい場合は、一方的にダメ出しをするのではなく「できれば、○○してくれると嬉しいな」と、具体的なアドバイスについてやんわり伝えるようにしましょう。

■2.彼の話に対して、それ以上に「私だって○○やってるし」とアピール

自分の話をしている時、素直に聞いて欲しいと思うことってありますよね?とくに自慢話、うんちく話であればなおさらです。うんうんとうなずきながら「わぁ、凄い」と喜んで欲しいもの。

しかし、そこで人の話に対して「私も○○やってるよ」と被せるように話をしてはいけません。なぜなら、この発言の裏には、「私はもっと詳しい=私の方があなたより勝っている」と言いたい気持ちが隠されています。さらに相手からしても、「負けず嫌いなのかな?」と思われてしまう原因にも繋がります。このセリフは、知らぬ間に人に対してマウンティングしてしまう発言なので使う際には注意が必要です。

1 2