恋愛&結婚 【恋愛講座】あと一歩なのに……彼から告白させるためのテクニック4つ

(3)「自分から告白したことが一度もない」と伝える

草食男子のなかには、待っていればいつか女性が告白してくれるものと考えている人も少なくないようです。

彼らのようなタイプは基本的に繊細なため、振られるリスクを極端に嫌います。しかし、気になる女性にはデートに誘う、または他愛ないメールを送りがち。あくまで、女性から好意を示されるまでははっきりした態度に出ることはありません。

そんな彼に行動させるためにも、「私、自分から告白したことが一度もないんだよね」など、あなた自身が待ちの姿勢であることをそれとなく伝えましょう。自分から動かなければ何も進まないという事実を突きつけられれば、彼も勇気を出して一歩踏み出せるはず。

(4)「○○君のそういうところ、嫌いじゃないかも」と冗談っぽく伝える

女性から、意中の男性に「好き」「付き合って」という言葉を伝えるのは勇気がいるもの。しかし、あなたの方から「嫌いじゃない」というセリフなら、言いやすいのではないでしょうか?

さらに「嫌いじゃない」というワードの文末には「かも」という言葉を付け加えましょう。「かも」を文末につけることで、相手に「もしかして、俺のこと好きなの?どうなの?」など、あれこれ妄想させる働きがあります。男性は曖昧なものほど白黒つけようとしがちな傾向があるため、「好き」と直接伝えるよりもアピールに効果的です。「嫌いじゃない」というワードを上手く使って、相手をその気にさせちゃいましょう。

たとえば、関係を進展させたい彼に向かって、「○○君のそういうところ、嫌いじゃないかも?」と冗談っぽく伝えてみましょう。予期せぬあなたの反応に、彼もドギマギすること間違いありません。

限りなく「好き」オーラを出しまくって、失敗したくない男子たちの心を安心させると、告白してくるチャンスは上がりますよ。

そもそも恋とは、勘違いからスタートするもの。意中の彼には、「○○君のそういうところ、嫌いじゃないかも」「もしかして、これって付き合っているのかなぁ?」などとアピールしてその気にさせちゃいましょう。とくに草食系の男性ほど、キッカケがなければ告白しません。あなたから、告白しやすくなるようなキッカケをどんどん作ってあげましょう。

また、彼に告白してもらうためにも、彼の恋する情熱に火をつける必要があります。とくに「私、今まで自分から一度も告白したことないの」や「男性の押しに弱いのよね……」などというセリフは、彼のなかにある「追いかけたい本能」に火をつけること間違いありません。

最近は自分から告白できない草食男子も増えているので、あなたから積極的にアピールして彼の背中を押してあげましょう。

1 2