恋愛&結婚 恋人の嘘、結婚のトラブル、恋愛に関するお悩みを法律の賢人がズバリ解決!

誰かに相談したくてもできない……難しい恋愛のトラブルは賢人に相談してみませんか? 賢人・柳原桑子さんが法律の視点からお悩みを解決! これまでのQ&Aも、ぜひ参考にしてみてください。

ケース1:バッグを買ってくれるといった彼が、しらばっくれた!

同棲中の彼が「来月、ボーナスが出るから、交際3年記念にバッグを買ってあげる」と言ったのに、バッグ代を支払ってくれない彼にモヤモヤしている相談者。

口約束は、法律的にも有効! なのですが、後でとぼけられてしまったり、忘れてしまったりして、うまくいかないことも……。
合意書や契約書などの書面にしておくと、約束したことの証拠になります。
やはり、証拠がないと履行させるのは困難かもしれません。

128, 128);”>※編集部の取材では、一般的に「婚約破棄」と認められ、慰謝料を請求できるケースは、式場の予約をしていたり、両家で結納を取り交わすなど、具体的な「結婚をする意志と、その証拠」がある場合が大多数。口約束も約束になるとはいえ、そこにこだわらずに未来に目を向けたほうがベターかもしれません。

▼元セフレが結婚を妨害……対策法は? 次のページをチェック!

1 2