恋愛&結婚 【恋愛講座】受信したら要注意!DV予備軍男の書くLINEメッセージの特徴3つ

せっかく付き合った彼が、実はDV予備軍男だった……そうなったらがっかりですね。幸せになるために付き合っているのに、かえって不幸になってしまいます。DV男は身体的暴力をふるうだけでなく、時にそれは言葉の暴力の場合もあります。言葉の暴力は本人ですら認識しづらいこともあり、そのまま深い付き合いになってしまってから気づいてしまうと別れるのも大変になってしまいます。そんなDV予備軍男を、LINEのメッセージから前もって気づいていれば、深い付き合いを避けることができますよね。

ここではDV予備軍男が書くLINEメッセージの特徴について、紹介します。

1. 命令してくる

DV予備軍男は多くの場合、高圧的です。力で相手を支配したいという欲求があるので、力関係において常に自分が上でありたいと考えています。そしてDV予備軍男は、常にそれを態度で表しておきたいもの。2人の関係が深くなればなるほど、命令と言う形で自分は上、あなたは下と位置づけるようとするでしょう。

彼の送ってくるLINEメッセージに、「早く来い!」、「○○やっておけ」「どうしてやらないんだ!」など、命令口調のことが書かれるようになったら要注意。彼はきっと、あなたのことを自分の物のように感じているはずです。徐々にエスカレートして、命令が激しくなっていくようになりますよ。また、高圧的だと思えば今度は優しくなるなど、態度が急変する人もいます。これこそDV男あるあるです。そのような場合は、優しい時の彼が本来の彼などと思わずに、高圧的な彼こそが本性なのであると認識して、距離を置きましょう。

2. 自分からは謝らない

例えば彼がデートに遅れてきたのに、謝りもせず逆に怒ってLINEで「なぜモーニングコールをしてくれなかったの?」と言ってきたら要注意。彼のミスを責任転嫁されて、気がついたらあなたが謝る羽目になっていた……そんなことがあれば、彼はかなりの高確率でDV予備軍男と考えていいでしょう。DV予備軍男は、何か悪いことをしても自分からは謝りません。「自分も悪いかもしれないけれど、相手の配慮があればそうならなかったのなら、相手がもっと悪い」と考えます。

ケンカをしても、彼の方から謝るLINEが来たことがない、必ずあなたの方から謝らないと仲直りしない、あなたの方が折れないと許さないということがあれば問題です。

1 2