恋愛&結婚 行為は好きだけど、するのは半年に1回以下……なぜ日本人女性はセックスを拒むのか

パートナーとの性行為の頻度が世界一少ないといわれる、我がニッポン。医療法人社団イースト会がパートナーのいる日本人女性を対象に行なった調査によると、セックスの頻度として一番多いのが「半年に1階未満」。また「1週間に1階以上の頻度でセックスをしている人の割合」を年代別に調査したところ34.6%だった20代をピークに、30代が27.1%、40代が12.5%と右肩下がりとなっているそうです。

日本人女性の7割近くは、セックスが嫌いじゃない

なぜ日本人のカップルはセックスレスになってしまうのでしょうか?まずは女性を対象に「セックスは好きか?」と尋ねたところ、「好き」と答えた人は65.8%だそう。つまり7割近くは、行為そのものが嫌いなわけではないのです。

だとすると、好きだけど回数はそれほどしたくないのでしょうか?そこで「理想のセックスの頻度」を尋ねたところ、以下のような結果となりました。

 

  • 理想的なセックスの頻度

1週間に1回……31.9%

2~3週間に1回……18.4%

1か月に1回……12.9%

1週間に2回……9.2%

2~3日に1回……6.7%

半年に1回未満……6.1%

2か月に1回……4.3%

3か月に1回……3.7%

半年に1回……3.1%

毎日……2.5%

4~5か月に1回……1.2%

 

上位は「1週間に1回」「2~3週間に1回」。現状もっとも多い「半年に1回未満」と答えた人は6.1%しかおらず、現状と理想がかけ離れていることが分かりました。つまり多くの女性は、もっとしたいのが本音なのです。

すぐ近くにいるのに、相手のぬくもりが遠い……。

1 2