恋愛&結婚 【恋愛講座】実はこう思っている!男性が女性に隠している意外な本音4つ

男女の関係は奥が深いもの。言葉にすることばかりが彼の本音とは限りません。近い関係だからこそなかなか言えないこと、わざわざ言わないこともあるはず。だからこそ、彼の本音がわかれば2人の関係はさらに深いものなるはずです。ここでは、男性が女性に隠している意外な本音を紹介します。

彼のこと、本当に理解しているつもり?

1.めいっぱい愛してほしい

恋愛の熱量が低い彼なら、あなたの方から積極的にアプローチしないと会いたいとも言わないし、電話もしてこないということはよくあるでしょう。そんな彼なら、女性側も「あまりベタベタしたら嫌われるかも」と思ってしまいますよね。素っ気ないふりをしていても、本音のところでは「熱く愛してほしい」と思っているものです。ただ、それがストレートに言えないのが、男性の辛いところ。プライドが邪魔をして、なかなかそんな言葉を口に出せないのでしょう。できれば彼女に察してもらって、自分はスタンスを崩さず一方的に愛してほしい。そして、彼女の愛に仕方がなく応えている格好をしたいという理想を持っています。

2.家族ぐるみより2人きりがいい

彼を家族に紹介して、すでに家族ぐるみでお付き合いがあるというカップルもいることでしょう。あなたの家庭の中で、彼も楽しそうにしているし、あなたの家族も喜んでくれているし、家族ぐるみで付き合えるのは悪くないと思っていませんか?いくら彼があなたの家族の前で楽しそうにしていても、実は大なり小なり緊張しているもの。「あなたの家族に気に入られないといけない」という感覚は常にあるものです。彼が好きなのはあなたです。あなたのことを深く知りたいと思っても、いろんな目があればなかなか深入りできないのも現実。できれば、家族ぐるみより2人っきりの時間を持ちたいというのが本音でしょう。

それに、あなたの家族とはいえ、考え方はそれぞれ違うもの。彼が家族のそれぞれに合わせるのも限界があるでしょう。「いい顔ばかりもしていられないよ」というのも、彼の本音なのではないでしょうか。

1 2