恋愛&結婚 なんで彼女は交際が2か月以上続かないの?恋愛短命女子を反面教師にした、やってはいけない3つの行動

可愛くてモテるのにもかかわらず、長い間ステディな彼氏がいない女性もいますよね。

20代の頃ならともかく、アラサー、アラフォーにもなると結婚も視野に入れて、真剣なお付き合いを求めるもの。

本人は「次こそ長続きする彼氏を見つけるぞ!」と思っているのに、なぜかいつも上手くいかない女性は、いくつかのタブーを犯している可能性も……。

今回は、交際が2か月以上続かないエリカさん(38歳 仮名)の体験を元に、恋愛短命女子が犯しがちな3つのタブーをご紹介します。

エリカさんはどちらかというと恋多き女性のようですが、なぜ短命に終わってしまうのでしょうか?

1.知り合ってすぐに『この人だ!』と決めつけてしまう

エリカさんは北川景子似の美人で、男性ウケがとても良さそうな印象です。大手企業の受付嬢をしています。

人付き合いも多いエリカさんは出会いには困っておらず、彼氏は頻繁にできるものの、大学生以降は長いお付き合いはなく、いつも短命恋愛なのが悩みだそうです。

今年に入ってからも3人とお付き合いをし、どれも2か月以内に終わってしまったそうです。

「今年の初めに電車でナンパをされたんです。チャラい感じじゃなくて、爽やかなスーツのサラリーマンで、友達と一緒に酔った勢いで話しかけてきたって感じでした。

失礼な感じはなくて『良かったら今度、俺と一緒に飲みに行ってくれませんか?』ってお願いされました。

少し悩みましたが結構タイプだったので、その場でLINEを交換しました。

後日さっそく、ふたりで飲みに行ったんです。そしたらすごく話が盛り上がって、久しぶりにいい感じの人と出会えた!って思って、付き合うことになったんです」

ナンパされて、最初のデートでお付き合いを決めたエリカさん。お付き合いまでの展開が、とても早いように感じますが……。

「話の流れで『彼氏がいないなら立候補したいな〜』って言われたので『ぜひ!』って答えました。

すごく話が合ったので、本当にその時は『この人だ!』って思ったんです。でも結局1か月も続きませんでした。

1日置きくらいに、ご飯や映画に行ったんですけど、どんどん会話が続かなくなって、居心地が悪い沈黙も増えていったんですよね……。最初のデートはすごく盛り上がったのに。

多分、最初のデートは『まだよく知らない好みの異性に会う』ってことで、お互い興奮していたんだと思います。

頻繁に会って興奮が冷めるにつれて、会話も弾まなくなりました。多分、根本的には合わない相手だったんだと思います。

そのうちLINEも減ってきて、付き合ってるのか分からない状態になったので、私から『もう会うのやめよ!』って送って終わりにしました」

最初だけ盛り上がり『この人だ!』と思ったけれど、よく知るにつれて『この人』ではなかった、と判明したというエリカさん。

恋に落ちると、思い込みフィルターによって相手は美化されて、良いところばかりが誇張されて見えてしまうものですよね。

1日置きのデートも、頻度が多過ぎてお互いにすぐに飽きてしまう原因になったのかも?

1 2